ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

なしうりとせんにん」 みんなの声

なしうりとせんにん 作:小沢正
出版社:チャイルド本社
本体価格:\0+税
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,548
みんなの声 総数 1
「なしうりとせんにん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • もし 仙人になしあげていたら?

    中国の昔話には 仙人がよく出てくるのですが・・・

    このお話の なしうりは なしを売って生計を立てているのですが、たまたま、みすぼらしいおじいさんが 「すまんが、なしを めぐんでくださらんか のどが からからなってしまってな。」
    しかし なし売りは いじわるくなしをあげるどころか 悪口を言うのです

    この罰が 仙人だったおじいさんに 懲らしめられるのです!

    町の人の優しさと なし売りのけちんぼうな根性が 対比されていて

    やはり 一つぐらい分けてあげたらな〜(お話の世界では 良い心と 悪い心が 有るので わかりやすいのですが・・・・) 

    もしこのなし売りが おじいさんに なしをあげていたら どんなお話の展開になるかしらと 考えてしまいました

    なし売りに意地悪されても 仙人は、なしを 気持ちよくあげます、このときのなし売りは 嬉しそうな顔です。(本当に悪人だったら なしをもらってこんないい顔しないでしょうから・・・・)

    人は 意地悪されたら 恨みも出てくるものですが、ここは仙人ですから
    戒めているのですね!
     
    なし売りは 心を入れ替えて 又なしを売って生計たてて欲しいな〜

    こんな風に感じてお話を読みました

    絵も優しい絵ですから 子供にも十分分かる昔話の絵本です(水野 二郎氏)
    どう感じるか 子供の声が聞いてみたいです。

    掲載日:2010/06/22

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット