だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ふしぎメッセンジャーQ 思い出はブラックボックスに」 みんなの声

ふしぎメッセンジャーQ  思い出はブラックボックスに 作:斉藤 洋
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2007年06月
ISBN:9784591097779
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ミステリーより、オカルト系?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    うちの子は「怖いのは結構好きだけど、見た後怖くなっちゃう」タイプです。
    この作品のシリーズは詩人のボランティアのお母さんに教えてもらって、我が家でも早速シリーズで読み始めたのですが、うちの下の子は「面白い。面白い」と、一気に読んでしまうわりに、夜になると「思いだして怖い〜」とか言っちゃってます。

    斉藤洋さんの腕が鳴ってますね〜、ドキドキワクワク、作りもとっても子どもたちに読みやすいように趣向を凝らしているので、
    (イラストが漫画チックで、たくさん)
    本が苦手なお子さんでも結構ハマると思います。
    おまけに子どもたちは小学校の中学年、高学年になると、「怖い話」を好んで読みたがるようになるので、そのくらいの子にはピッタリなシリーズだと思います。

    主人公は小学校高学年の男の子、相棒は元気な中学生の(かわいい)女の子:K子。そしてそのK子自身にも、何やら秘密のような影のようなものが見え隠れしています。
    今回の話はただミステリーというよりオカルト系の怖さがありました。
    面白いですよ〜。

    掲載日:2010/06/22

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット