ななちゃんペンギン ななちゃんペンギン ななちゃんペンギンの試し読みができます!
作・絵: さかいあいも  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ペンギンが大好きな、ななちゃんの小さな冒険物語
morimoriさん 30代・ママ

裏表紙まで!
ななちゃんはペンギンが大好きな女の子で…

「群青の空に薄荷の匂い」 みんなの声

群青の空に薄荷の匂い 作:石井 睦美
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\540+税
発行日:2010年02月
ISBN:9784591114025
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 1
「群青の空に薄荷の匂い」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 主人公は高校生

    「卵と小麦粉それからマドレーヌ」の続編と聞いていたので読み始めたら、今回の主人公は菜穂ではなくて菜穂の親友・亜矢でした。

    亜矢の両親は離婚していて、小学六年生の時にはいじめられたことがあります。

    いじめの経験、時が経ったからといっても心の中からそう簡単に消えるということはないですよね。

    読み終わった時に、つい涙ぐんいでしまいましたが、読後感はとてもよくて幸せな気持ちになりました。

    親として読むと、自分の子どものことを親だけではなく友人たちが心配したり気にかけたりしてくれること、それが感じられてとてもいいなあと。

    石井さんの作品らしく、心理描写がとても丁寧で、亜矢が母の言葉の響きからその時の母の心理状態をとても敏感に感じていることが読みとれました。

    主人公は、高校生になっていますが、「卵と小麦粉それからマドレーヌ」の続きとして、中学生からでも読めるのではないかと思いました。

    今年は石井睦美さん元年となりそうです。

    掲載日:2010/06/22

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



いのちはどこへ行く?チェコの美しい風景を旅する葉っぱの物語

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット