ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

しゃくしゃくけむしくん」 みんなの声

しゃくしゃくけむしくん 作:ねじめ 正一
絵:はた こうしろう
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2001年06月20日
ISBN:9784834017618
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,630
みんなの声 総数 7
「しゃくしゃくけむしくん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • けむしくんの大冒険

    このお話の主人公はカワイイけむしなのですが、そのけむしがひょんなことから大冒険!?に出るお話でした。人の服に付いたり、人に見つかって殺されそうになったりとみんなに追いかけられたりしていたのでうちの子は「大丈夫かな!?」って最後まで心配しながら見ていました。最後は無事に大自然に戻れてめでたしでした。

    掲載日:2013/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 毛虫になった気分

    木の上から風に飛ばされて、人から人へと旅をする毛虫のお話です。
    途中人間に見つかり、払いのけられたり、踏みつぶされそうになったり…。
    普段なら毛虫なんて大嫌いですが、毛虫になった気分で、ドキドキしたりホッとしたり、楽しく読むことができました。
    姿もなかなか可愛い毛虫です。

    79ページ、でも各ページの文字数は、さほど多くないです。
    しゃくしゃくしゃく、びゅーんくるくるくる、擬音がたくさん使われているので、年少さんくらいから楽しめそうです♪

    掲載日:2013/07/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 途中ハラハラ

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    読み始めて予想以上のストーリー展開に、集中して読んでしまいました
    しゃくしゃくしゃく・・・♪とリズミカルな言い回しがまた読みやすいんですね

    おばさんとともに電車の中でのけむくんは、ハラハラドキドキの体験です
    いつもの私でしたら、同じように踏みつぶしにかかったかも知れませんが、すでに情がわいていたのでなんとかけむくん、見つからないでと、祈りながら読みました
    大冒険の末、ちょうとして羽ばたくには最高の環境の地域に旅ができたことはハッピーで何よりでした

    掲載日:2011/05/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • リズミカルで詩のようなお話

    毛虫君の大冒険。
    スリリングな展開が、リズミカルでねじめさん特融のリフレインが心地よく響いてきます。
    読み聞かせをしていても、楽しくなってきました。
    これは、童話でしょうか?
    これは、詩でしょうか?
    毛虫君にとっては、たいへんな出来事でした。
    周りの人にとっては一匹の毛虫でした。
    しゃくしゃくしゃくと繰り返されると、自分が毛虫になったように思いました。
    ちょうちょになって、飛ぶことができて良かったね。
    とてもリズミカルで心地よいので、ページをめくる手がもどかしかったけれど、はたこうしろうさんの絵がユーモラスで、毛虫君のもどかしさもいっぱい感じられたので、これが良かったのかと思いました。

    掲載日:2011/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • はたこうしろうさんの絵がかわいい!
    けむしくんは しゃくしゃくしゃく 木が大好き それが・・・・風にとばされて なんと おじさんの帽子の上 ふとったおばさんどんどんぶんぶんあるいていきます
    繰り返される言葉が たくさん出てくるので おもしろいです これはリズムよく読むと楽しく読めますね!
    けむしは とかく嫌われもの

    新幹線の中でふみつぶられそうに あ〜 あぶない!
    けむしくんの 顔が ちじこまって 本当に死んでしまうのかと思いました

    とかく 人間は いやな虫を 殺そうとします 
    ごきぶり  はえ けむし へび くも なにも悪さしていなくても、嫌われるのはなぜ?

    新幹線で おじいさんのズボンのすそ中、このおじいさんがなかなかユニーク

    家に帰るとおばあさんもゆびではじいて でもそのおかげで・・・
    なつかしい 木の上へ
    よかったね!!(けむしくんの気持ちになります)

    木に戻れて 幸せなけむしくん ホッとしますね!(よかったね!運命を感じます)

    おじいさんと おばあさんがオレンジのちょうちょがけむしくんとは 知らずに眺めています(その二人の人生感じます)

      お話は長いですが・・・絵はかわいいので、楽しめました

    読み聞かせには ちょっと長いかしらね?

    私はこの絵本好きです!

    掲載日:2010/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ケムシくんと共に冒険できた

    「ひゃくえんだま」で息子の心を鷲掴みにした“ねじめ正一”さんと「なつのいちにち」からファンになった“はたこうしろう”さんのコンビですから自然と期待が高まります。
    ストーリーは、“しゃくしゃくしゃく”と小さく這い回るケムシ君が自然界から吹き飛ばされてしまい、初めて見る人間界でヒトという恐ろしい生き物たちに追いかけ回されながら、ヒトからヒトをつたって必死で逃げ回った末、安住の地にたどり着くという壮大な冒険ものです。
    読む人はきっと健気なケムシくんに「頑張れぇ〜!」っエールを送るでしょう。ですが、ふと実際に生きたケムシを目の前にしたらどうだろう?という思いもよぎりました。
    自然の働きで(捕食されにくいようにあえて)醜い姿をしているケムシですが、成虫に化けた途端、人間を魅了する存在に一変するから不思議なものです。
    この本を読み終わった後、ケムシを見る目や、接し方が少し変わるかもしれませんね。
    読み聞かせには、何回読んだ?というくらい“しゃくしゃくしゃく”が出てきてちょっと大変ですが、ケムシくんと共に冒険できた満足感が堪らないので、是非最後まで読んでください。

    掲載日:2009/03/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 繰り返しが多くて、テンポがいい。

    けむしくんは風に飛ばされて、生まれ育った(?)木から落ち、大冒険の旅に出るはめになります。
    おじさんの帽子、おばさんの上着、そして新幹線の中で踏みつぶされそうになったりしながら、なんとか、最後は大きな木を見つけ、そこできれいな蝶々になるというお話です。
    文章は繰り返しがが多く、読みやすいのですが、ちょっとお話が長いので、余り低年齢だと途中で飽きちゃうかも。

    掲載日:2003/05/12

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット