大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

桂かい枝の英語落語 猫の茶わん」 みんなの声

桂かい枝の英語落語 猫の茶わん 作:桂かい枝
絵:たごもりのりこ
出版社:汐文社
本体価格:\2,000+税
発行日:2010年02月
ISBN:9784811386683
評価スコア 4
評価ランキング 22,266
みんなの声 総数 1
「桂かい枝の英語落語 猫の茶わん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こんな雰囲気の表現になるのかぁ〜

     タイトルの英語落語に興味を持ち借りてきました。

     桂かい枝さんは、古典落語の活動のほかに、1997年から英語落語の海外公演を始め、これまで13カ国83都市で320回を越える公園を成功させていらっしゃいます。

     こちらの「猫の茶わん」は、したたかな古道具屋が商売の道中、峠の茶店で猫の飯茶わんに目を付け、間違いなく値打ち物の「梅鉢の茶わん」と気づき、一計を案じ手に入れようと策を凝らすも、上を行くしたたかさの茶店の主人にいっぱい食わせられるというお話です。

     英語文と日本語文が同時に一見開きに載っているので、お話を知らない方は、最初日本語文で楽しみ、二度目は英語文で読まれるのが良いでしょう。

     冒頭の“A bowl of tea ,pleaase.”から、日本の茶わんの雰囲気が出ているなぁ〜、とニヤニヤしながら読みました。
     落語の調子で大声で元気良く読んでいたら、息子が覗きに来て奪われました。
     お話の筋は知っていましたが、「英語文にすると、こんな雰囲気の表現になるのかぁ〜」と息子も笑いながら読んでいました。
     解らない単語もあったようですが、辞書を横に再度一人で読んでいました。
     
     小学生でも英語を学習しているお子さんなら楽しめるかと思います。

    掲載日:2011/06/11

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット