うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(32) モケモケ」 みんなの声

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(32) モケモケ 作・絵:荒井 良二
出版社:フェリシモ出版
本体価格:\1,286+税
発行日:2010年05月
ISBN:9784894325210
評価スコア 4.13
評価ランキング 17,419
みんなの声 総数 45
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

45件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • もけもけって言ってる私がいました!

    全頁試し読みで読みました。何度も繰りかえされる「もけもけ」に、「もけもけ」って、身体を揺すっている私がいました。リズミカルな言葉の繰り返しに表紙の男の子と女の子のように、きっと楽しくダンスするような明るい気持ちになれました。なんか、不思議なもこもこの魅力に出会えました。

    掲載日:2016/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • モケモケします

    さすが荒井良二さん!
    とっても不思議な絵本でした!

    モケモケという言葉が好きでよく使うのですが、形にするとこんな感じになるのね(笑)

    今でも無意識に口にしているけど、もしかしたら子どもの頃から親しんだ感覚だったのかもしれないですね。

    モケモケは目には見えないのだけど、いつでも自分の近くに、自分の中にいるんだなぁ〜。

    読む人によって、「モケモケ」の感じ方がたくさんありそうな絵本ですね!

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • モケモケ〜♪

    モケモケとゆう言葉が繰り返しでてくる、繰り返し言葉が楽しい絵本です。荒井良二さんの絵と、言葉がぴったりマッチしていて、声に出してモケモケ〜♪と言いたくなってしまいます。文章は短くても、こどもたちはそこからいろいろな想像を膨らませて、お話を楽しむことが出来るのでしょうね。うちの息子にもぜひ読んであげたいなぁと思いました!

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 感覚を研ぎ澄まして…

    もくもく〜でも、もこもこーでもなく
    モケモケ!!
    かたい、やわらかい、おもい、かるい、ざらざら、つるつる
    いろんな感覚や感触を読みながらに感じて
    不思議と面白く、なんでか読みながらに笑えてくる〜〜
    この絶妙な表情につられてしまいます。
    子供たちにきっと、受ける事間違いなし!!!
    なんだかすごく不思議な感覚にとらわれ
    「モケモケ」が耳から、頭から離れず、すっかりもけもけに捕らわれてしまった一人です!

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供は喜ぶのかな!?

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子3歳、女の子1歳

    図書館で借りて読んでみました。

    私はあまり好みの絵本ではなかったです。
    もともと荒井良二さんの絵が好きにはなれないのですが…

    子供はこの謎のモケモケワールドを喜びそうな感じがします。
    ただ、まだ我が子はこの絵本を読もうとはしないので、表紙は好みではなかったようです。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい絵本

    「ねんどろん」が好きなお子さんであれば、きっと同じように楽しめる絵本だと思います。
    荒井さんの世界、正直大人の私はいまいち入り込めないのですが、子どもたちは大好きです。
    何かひきつけるものがあるのでしょうね。
    言葉も絵もおもしろくて、つい踊りだしたくなる、そんな絵本でした。
    子どもたち、「モケモケ」ばかり言っています(笑)。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 荒井良二さんの魅力いっぱいの分けわかんない?絵本です。

    まず「モケモケ」の意味が分かりません。
    綿菓子の様な主人公たちが「モケモケ」なのか、彼らの口癖が「モケモケ」なのか・・・?
    そしれ彼らは何をして何故去っていくのか・・・。
    謎は何も解決されませんが楽しいのでそれでいいんです。
    子供といっしょにずーっと「モケモケ」「モケモケ」叫びました。

    ものすごく抑揚をつけて読み聞かせしたら子供たちに
    「お母さん、今までで一番上手に読めてる!」
    とほめられました。
    わたしもなんだかスッキリ〜!

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 正体も分からないモケモケ。
    絵本の内容も不思議なのですが、カラフルでかわいい?モケモケ♪難しいことは考えず単純に読んでいくとなんだか楽しい気分になります。
    荒井さんの魅力あふれる絵本です。
    言葉も心地よいので小さな子供から楽しめる絵本だと思います☆

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歌いたくなります♪

     読んでいるうちに、絵本の言葉に、リズムや音が くっついてきて、なんだか、歌いだしそうになりました。むしろ、普通に淡々と読むほうが難しい気がします。

     絵も言葉も、荒井良二さんの中から、するするするっと出てきたような感じで、きっと荒井さんそのものが、こういう色や絵や言葉で できているのでは?と勝手に思ってしまいました。

     頭や体が こういうもので出来ていたら、この世は、そして、人生というものは どう見え、どう感じられるのだろうと興味深々です。子どもの世界に近いようにも思うのですが、私の中には 残念ながら もう無い世界だなぁ。時々、こういう絵本を読んで、明るく、楽しく、おちゃめでエネルギッシュな世界を取り戻したいなーと思います。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • モケモケ?

    子供が描いたような絵です。

    なめる、などの行為のついでにモケモケ。

    ひたすら モケモケ? モケモケ!
    と話しているので、意味がよくわかりません。

    私としてはとくに感銘は受けませんでした。子供は、小さい子供ならおかしい!と笑うと思います。でも、語呂はいいと思います。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0

45件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

全ページためしよみ
年齢別絵本セット