うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

おじいちゃんの家」 みんなの声

おじいちゃんの家 作:ヘレン・V・グリフィス
出版社:佑学社
本体価格:\1,300+税
発行日:1988年05月
ISBN:9784841605273
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
「おじいちゃんの家」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 翻訳くらべ

    絵本ナビのレビューが気になってさがしてしまった絵本です。
    少女のジャネッタが、生まれて初めての列車旅行。
    おかあさんの故郷におじいさんを訪ねます。
    自然がいっぱい、いなかのぬくもり、そしてとてもウィットにとんだおじいさんとの楽しい話です。
    とぼけているのか、ホラ吹きなのか、自然体のおじいさん。
    おじいさんのホラに困ったようでいて、おかあさんととても仲がいいおかあさん。
    ほのぼのとした気分になれる絵本でした。

    今村葦子さん。児童文学者なだけに、子どもの心にしっくりくる翻訳だとおもいました。
    あきのしょういちろうさんの訳にくらべて、まろやかな感じがしました。
    後半でジャネッタがいろいろなものに名前を付けていきます。
    多分あきのさんの方が本文に忠実なのだと感じたのですが、こういうところのアレンジが行き届いている感じでした。
    ところで、おじいさんの家にあった蜂の巣は、スズメバチで良かったのでしょうか。

    掲載日:2010/07/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • おじいちゃんと孫娘はよき相棒

    夏休み、ジャネッタは汽車に乗って母さんと旅に出る。
    向かう先は初めて訪れる母さんの実家―おじいちゃんの家。
    おじいちゃんの家の何もかもが気に入らないジャネッタだが…。

    おじいちゃんと孫とが自然と心を通わせあう様子が描かれていく。

    おじいちゃんが語る「星が落ちてきた話」がいい味を出している。
    星を空まで送って帰ってきたロバについて、おじいちゃんは
    「(ロバは)しばらく考え深げにしておったよ」と言う。
    こんなフレーズを口にするおじいちゃんが小粋でかっこいい。

    お互いにとって、相手は自分を受け入れ、違う価値観を示してくれる良い相棒。
    年の離れた2人の間に流れる「共犯」のような感覚がとても素敵である。

    この2人を描いている姉妹作『おじいさんのハーモニカ』もある。


    この本を出版した佑学社は倒産してしまい、現在絶版となっている。
    改題・改訳をした『おじいちゃんのところ』が童話館から出版されたが、こちらの佑学社版の方が訳がウィットに富んでいて、おじいちゃんの魅力が存分に発揮されている。
    再販を期待したい。

    掲載日:2010/06/28

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット