モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

こわ〜いおつかい」 みんなの声

こわ〜いおつかい 作:内田 麟太郎
絵:こいでなつこ
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2010年06月
ISBN:9784251098436
評価スコア 4.27
評価ランキング 13,783
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ママですけど・・・・

    このお話は、普段優しいお母さんが忘れ物をした子供に大声で呼びかけたら、子供はそれをオオカミだと勘違いして猛ダッシュで逃げていくお話でした。うちの子はお母さんに追いかけられている姿がとっても面白かったらしく、「ママなのにオオカミて言ってる〜!!」って言って笑い泣きしながら楽しんでいました。

    掲載日:2013/10/11

    参考になりました
    感謝
    2
  • うっかりすぎ!!

    お母さんにおつかいを頼まれたのに、肝心なモノを持っていくのを忘れるし、それに気づいて追いかける お母さんをオオカミと勘違いして暴走するし、筋金入りのうっかりさんです!

    当事者たちは大変ですが、見ている分にはおもしろい!!
    暴走につぐ暴走!

    何も考えず、ただただ笑うだけ!
    「わーーーーーっ!」な雰囲気、楽しいです!!

    掲載日:2014/03/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 思い切り笑える、すごいブタの話

    めちゃくちゃあわてんぼうでうっかりな「とんちゃん」。おばあちゃんに薬を届けてと頼まれるやいなや、嬉しくて薬を持たずにすぐ飛び出してしまうのですが、ママが必死で追いかけて、それを狼だと勘違いして逃げるとんちゃん。本物の狼さえ怖がらせて逃げていく姿が笑えて面白い!!!でも最後はおばあちゃんに会えて、ママにも気づいて、、、でも、とんちゃん的にはちゃんとおつかいができたよね。

    ちょっと懐かしい絵柄ですが、笑いと癒しと愛情をふんだんに備えた絵本で、内容は斬新だと思います。娘も大笑いしていましたが、ママもとっても気に入りました。これはぜひ一家に一冊買って欲しいです。

    掲載日:2014/03/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子どもたちは固唾をのんで・・

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    3〜5歳児に読みました
    うっかりやのとんちゃんは、おばあちゃんに届ける薬を忘れて家を飛び出します
    ママはあわてて追いかけますが、こわ〜いオオカミが大きな口をあけてまってます
    とんちゃんがいったいどうなってしまうのか・・・子どもたちは固唾をのんで見守ってます・・・
    とんちゃんにオオカミが吹っ飛ばされるところやママが追いかけてくる姿に怖がったりするところは、子どもたちには受けていましたね
    どこからか「あわてんぼうだね〜」と声が聞こえてきます

    掲載日:2012/02/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • 面白い!!

    6歳4歳の娘たちに借りました。ずっと読んでみたかったのですが、なかなか借りることができず。やっぱり人気だったようです。

    うっかりやさんのとんちゃんがおばあちゃんにお薬を届けるようにお母さんに頼まれたのですが、とんちゃんはお薬を忘れて飛び出してしまい、そんなとんちゃんをお母さんが追いかけるお話です。でも、途中でおおかみが…。ドキドキ感とその後に親子で大笑い。娘たちは「とんちゃん良かったけど、ひどーい」と言っていました。絵にもとても勢いがあって、親子ともにお気に入りの絵本になりました。

    掲載日:2014/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • うっかりもの

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子2歳、男の子0歳

    うっかりもののこぶたがおばあちゃんのところに
    薬をお届けするおつかいを頼まれたのに
    忘れて出かけてしまいます
    おかあさんが追いかけるのですが
    こぶたは追いかけてくるのはオオカミだと思い込み
    逃げ逃げ逃げまくります
    結果的に勘違いして逃げまくったために本当のオオカミにも捕まらずに済んだのですが本当にあわてんぼうでうっかり者だなぁと
    私たちですらやれやれという風に読みました
    最後おかあさんにぎゅーっとされてる様子はかわいいくて
    キュンときました

    掲載日:2011/12/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • コントみたい(笑)

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子8歳、女の子5歳

    おつかいの話を聞いただけで、肝心のお薬も持たずに走り出してしまうとんちゃん。
    大声で追いかけるママ。
    コントを見ているようでおかしかったです(笑)

    絵も眺めていると「お!」「お?」と思うところがあっておもしろいです。
    個人的に、オオカミさんの靴がものすご〜く気になりました。
    履く意味あるのだろうか・・・(笑)
    それとけん玉。
    裏表紙のおばあちゃんの家に飾られた写真とけん玉も気になります〜。
    でんせつの・・・て(笑)
    おばあちゃんもしやけん玉名人!?
    裏ストーリーがとても気になります。

    掲載日:2011/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • うっかり

    主人公のとんちゃんはうっかり者のこぶた。
    今日もおばあちゃんのところに薬を持っていくお使いなのに
    肝心の薬を置いて出かけちゃった。
    薬をもって追いかけてきたお母さんの声を狼と間違えて、
    ひたすら先を急ぐ始末。
    その行く手には、なんと本物の狼が・・・!

    躍動感あふれる絵と、
    とんちゃんとお母さんの必死な表情が見所。
    狼を含め、登場キャラみんながどこか抜けていて、笑えます。

    掲載日:2011/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ママの一言がにくいです。

    • わにぼうさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子7歳、男の子3歳

    うっかりもののとんちゃん。
    ズボンを頭にはいたりすることもよくあるほどです。

    ママが「おばあちゃんのところへ おくすりをとどけてきてね」って
    言ったとたんに、くすりも持たずに走り出します。

    大好きなおばあちゃん、待っててね〜!!って。

    薬を忘れてるのに気がついたママが「まって〜、とんちゃ〜ん!」と
    追いかけるのですが、
    オ、オオカミが出た〜!って無我夢中で逃げてしまいます。

    その理由というのが、ママは大きな声をめったに出さないから。

    薬を片手に追いかけるママと、猛スピードで逃げるとんちゃん。

    本物のオオカミすらもぶっ飛ばしながら(笑)

    おばあちゃんの家の前でやっとママが追いつくのですが、
    追いかけてきていたのが「オオカミ」じゃあなくって、
    「ママ」だった。しかも届けるための「おくすり」を忘れてたと
    気がついて頭をかいてしまうとんちゃんですが、
    ここで言ったママの一言が絶妙でした。

    「おばあちゃん。とんちゃんは、
     ひとりでおつかいにきたのよ。ほめてあげてね」

    頼んだものを忘れてしまったのに怒らず、
    「ほめてあげてね」って言えるママ。すごいです。

    そういえば、タイトルのところで複線が。
    ママと一緒によんでいた絵本が「あかずきんちゃん」と
    「3びきのこぶた」。
    そりゃ〜、オオカミ出てきますって(笑)

    ナイスなボケのとんちゃんは、次男もウケてました。

    掲載日:2010/09/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • うっかり とんちゃん

    • 1姫2太郎ママさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子16歳、男の子14歳、男の子 6歳

    子豚のとんちゃんはあわてん坊のようで、おばあちゃん宅へ届け物を頼まれたのに手ぶらで家を出かけてしまいます。はっと思ったとんちゃんのお母さんは、急いで追いかけますが・・・豚とオオカミが登場するのに意外な展開に親子してハラハラ・ドキドキしながら読み進めました。とんちゃんが走る”だっとこだっとこ”との擬音が面白かったですね。
    挿絵も天真爛漫なとんちゃん色とでも言いましょうか、全体的に明るく、絵を見ているだけでも楽しさが感じられました。

    掲載日:2010/08/23

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.27)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット