たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

続 ことわざショウ」 みんなの声

続 ことわざショウ 作:中川 ひろたか
絵:村上 康成
出版社:ハッピーオウル社
本体価格:\1,400+税
発行日:2010年06月
ISBN:9784902528367
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,176
みんなの声 総数 6
「続 ことわざショウ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 色々なことわざ

    この絵本は、色々なことわざが簡単な解説とわかりやすい絵で紹介してある絵本でした。うちの子は最近ことわざとか感じが大好きなので、この絵本を食い入るように見ていました。子供って、ことわざ自体は知っていても意味の知らないものが多いみたいで、意味も知れたので「たのしい」と言って楽しくこの絵本を読んでいました。

    掲載日:2015/03/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • なんだかな〜

    ついつい前編に続いて手に取った続編ですが、少し唸ってしまいました。
    確かに面白いのですが、ことわざの意味を勘違いされはしないかと、ちょっと心配な展開。
    誤解をされてしまうかもしれない、怪しい展開が続きます。
    う〜ん。

    掲載日:2014/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 諭したり、大笑いしたり^^

    31のことわざを中川ひろたかさんと村上康成さんが面白可笑しい解説を加えながら描いてくれています。
    特に「絵に描いた餅」「虻蜂取らず」「上には上がある」
    「転んでもただでは起きない」「過ぎたるは及ばざるがごとし」
    「井の中の蛙大海を知らず」「住めば都」
    に至ってはまるでコマ割のマンガかのように数ページにわたってイラストの説明があってこの絵本のキャラクター“弘法さん”のオチも可笑しくて親子で笑って読みました。
    「転んでもただでは起きない」のページでは娘は笑いながらも弘法さんに
    「ちゃんと落し物は交番に届けないとダメ!」と諭したりしていました。
    一番笑っていたのは「過ぎたるは及ばざるがごとし」のページ。
    どんなエピソードなのか?
    ぜひぜひご覧くださいね^^

    掲載日:2012/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 4歳児「ことわざかるた」と併用

    • ディドルさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    4歳と2歳の子供達に読みました。
    2歳児には難しすぎて、途中でどこかへ行ってしまいましたが、
    4歳の息子は「もう一回読んで」と持ってくるほどお気に入り。
    まだこの絵本でことわざを覚えるまでに至っていませんが、「ことわざかるた」で覚えたことわざが出てくると「これ知ってる!」と大喜び。
    小学校に入ってからも活躍するであろう絵本です。

    掲載日:2011/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 期待通り楽しいです

    「ことわざショウ」がとても楽しかったので、大いに期待してコチラも読みました。
    期待にたがわず、前作と同様、非常に楽しませていただきました!

    こちらも案内人は、弘法さま。
    すっとぼけた雰囲気がたまりません(笑)。
    中川さんの解釈は引き続き冴えてますし、村上さんの絵も楽しいです。

    「すぎたるはおよばざるがごとし」の項では。
    やりすぎたかどうかなんて、やりすぎてみなきゃわからないじゃん。
    ってことで、まずはやりすぎてみた弘法さま。
    ・・・面白すぎます。ことわざの意味、よくわかりました(笑)

    楽しくことわざを学べるこのシリーズ。
    おかげで、息子はすっかりことわざにハマッています。
    お勧めのシリーズです。

    掲載日:2010/11/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 出たんですね!

     出たんですね!
     続編が。
     前作を親子で爆笑しながら読みました。
     今夏休みの課題で、興味のあることわざをリストアップしている息子に先に薦めました。
     1分と経たず、ケラケラケラ。
     ウッヒッヒ、ウハハハハ〜。
     私もたまらず、駆け寄り途中から一緒に読みました。
     中川先生ならではの、ことわざの解説が村上先生の楽しい絵でユーモアを交えた絵本になっています。
     「絵に描いた餅」のラストのヤギさんには参りました。
     「虻蜂捕らず」も解りやすい絵ながら、笑ってしまう。
     「過ぎたるは、及ばざるが如し」も最高に解り易かった。
     
     この書道の大家のような素敵なヘアスタイルの先生のお名前にも大爆笑でした。
     前作同様お勉強なんて考えず、楽しんで読んでみてください。

    掲載日:2010/08/17

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット