庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

とりをよぼう!」 みんなの声

とりをよぼう! 出版社:チャイルド本社
本体価格:\390+税
発行日:2009年02月
ISBN:9784805430385
評価スコア 4
評価ランキング 19,432
みんなの声 総数 3
「とりをよぼう!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 安心して見せられる

    このシリーズを見るのは2冊目です。
    写真が大きくて、丈夫なので安心して見せられます。

    写真が大きいので鳥をなでたり、たべもののをつまんでみたり、参加型絵本のように遊んでいます。

    気に入っているのは鳥がケンカしているページ。
    「バナナちょうだいっていってるよ」と声掛けをしたら、バナナをつまんであげたりしていました。

    掲載日:2016/06/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • もう少し小鳥たちの写真をのせてほしかった

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    写真絵本です。低学年の教室の読み聞かせに考えましたが、この手の作品は細かい説明が多く、すべてを伝えるのは難しいかな?と思いなおしてやめました。
    今度機会があったら、ブックトークで紹介したいと思っています。
    鳥好きにはたまらない、小鳥たちの写真がたくさん載っています。
    どのショットの小鳥たちの姿もキュートで可愛いです。

    子どもの頃、鳥ではセキセイインコやニワトリなどを飼っていました。
    (我が家は常に何か生き物がいる動物好きの家でした)
    そのころうちの可愛いピーちゃんの仕草で一番好きだったのが「水浴び」です!
    台所にほんの少しだけ水をためて降ろすと、ちょうどこの本のP19すずめの砂浴びみたいに至福の顔でこの船みたいなポーズをとるんですよね〜。
    この本は、あくまでも〈小鳥を呼ぶ〉ことを目的とした作品なので、トリのえさ代やえさの作り方に重きを置いていて、どんな鳥が来るか。ということにはあまり触れていません。
    そこがちょっと残念でした。
    もう少しいろんな小鳥たちの仕草や食べてるシーン、時期によって、どんな鳥になるとかのせてくれたらよかったな〜と、思います。

    掲載日:2012/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しそう!

    「何しとるの?」「ジュースのんどるね」「こんなん置いたらすずめさんくる?」
    最近関心の出てきた鳥や、自分の好きな食べ物が
    たくさん出てくるので矢継ぎ早に言葉が出てきて楽しそうにしています。
    えさ台を置いてみたくなるキレイな写真の数々でした。

    掲載日:2010/07/03

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット