あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

地球のかたちを哲学する」 みんなの声

地球のかたちを哲学する 文・絵:ギヨーム・デュプラ
訳:博多かおる
出版社:西村書店 西村書店の特集ページがあります!
本体価格:\2,800+税
発行日:2010年06月
ISBN:9784890139187
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,776
みんなの声 総数 14
「地球のかたちを哲学する」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 地球の形、古今東西

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子14歳

    重厚な装丁と題名から難しく感じるかもしれませんが、
    要は、古今東西、人々がイメージした地球の形を仕掛けも交えて解説してある絵本作品です。
    内容的には、高校地理に相当すると思いますが、
    単純に、こんな風に地球をとらえていたんだ!と視覚的に楽しむなら、
    小学生くらいからでも大丈夫でしょう。
    大人でも、地動説、天動説くらいの知識はあるでしょうが、
    巨大な魚の上に大きな卵、その上に巨大な水牛、その角の上に大地がある、
    なんてイメージ、嘘のような本当の話でびっくりです。
    その不安定さゆえに地震が起こる、というのも、妙に説得力がありますね。
    それにしても、大地を支えているのが、ヘビやゾウなどというのがすごいです。
    中には、箱に入っている、だったり、裏返したお椀のような形、という表現も。
    地球の形、となると、地球物理学的なアプローチも可能ですが、
    あくまでも、「哲学する」ですので、理系が苦手な人でも大丈夫だと思います。

    掲載日:2010/10/08

    参考になりました
    感謝
    6
  • 驚くべき想像力

    『ドリトル先生月へいく』を読んだ時のこと、まだ衛星もロケットも発明されていない頃なので、大きな蛾に乗ってドリトル先生が月へ行ったのを、その想像力のたくましさに驚いたことがあります。

    人類の科学の進歩は、想像力の賜物と言えるかもしれません。

    この絵本、タイトルからは何のことかと思ったのですが、古今東西で地球はどんな形をしたものかを考えた人たちの奇抜な考えが載っていました。

    地球が三角形であったり四角形であったりと、今から思うと思いもつかないものが多くて、よくぞこれだけ考えましたとある意味驚嘆するものばかりでした。

    息子も「へえー」とか「そんなわけないでしょ」とか言いながらも楽しんで読んでいました。

    無知と言えばそれまでかもしれませんが、その無限の想像力には、感動すら覚えます。

    その想像力が進んだ先に、地球が丸くて自転しているという考えが行き着いたとは当時の人は考えもしなかったことだろうと思います。

    「知りたい」「解明したい」という人類の思いが、新しい考えを生み出し、これだけ科学が進んだということを改めて感じる一冊です。

    しかけ絵本でイラストも丁寧に描かれていて、一日読んでもあきないぐらいではないでしょうか。

    子どもも大人も時間をつい引き込まれてしまう絵本だと思います。

    掲載日:2011/08/17

    参考になりました
    感謝
    3
  • 地球は丸くなかった?

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子9歳、男の子6歳

    地球が丸いと知るまで、人々はどんな地球だと思っていたのか。
    そんな疑問がいっぺんに解決する一冊です。

    紀元前・古代からの色んな文明の人の考え方が
    本当に一目でわかりやすく示してあります。仕掛けも良くできています。
    子供のためと言うよりも、私が面白くて興奮して読んでしまいました。

    中でも面白かったのはインドの人たちが考えた三角形の地球・・
    その独創的な発想に、驚きました。
    時代が、大航海時代となり地球が丸いとわかっていく過程を私も楽しく学びました。

    図書館の新刊だったのですが、
    ちょっとお高いのが難点ですが、、いずれ購入したいと思います。

    掲載日:2010/07/23

    参考になりました
    感謝
    3
  • タイトル

    タイトルが気に入ったのでこの絵本を選びました。いろいろな考え方があるのだと考えさせられる絵本でした。国が変わったり、時代が変われば考え方も様々なのだと知ることが出来ました。わかりやすい絵とともに学べるのが良いと思いました。地球の歴史と人類の歴史の中に今生かされていることの感謝の念が生まれる絵本です。

    掲載日:2010/10/11

    参考になりました
    感謝
    2
  • 子供の好奇心をくすぐる作品

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    小さい頃、丁度同じような内容の本を読んだ記憶あります。
    鮮明に覚えているのが、第一章にあるヒンデゥー教徒の地球観。
    大きなヘビの上にかめがのり、その上にゾウが東西南北の四隅におり、平らな島のような地球を支えているというもの。
    他にも、島のような地球観が多く描かれていますが、当時読んだ本にもいろいろあって、貪り読んだものです。
    地震の原因が、下で支えるものが動くからと考える人々が、世界各地に居たというのも、とても面白いと思います。

    その本は何なのか?今だわかりませんが、子供との読み聞かせで、バージニア・リー・バートンの「せいめいのれきし」との再会が出来たように、いつかまた出会えることを期待しています。

    それはさておき、よくもこれだけ世界各地の地球観を集めたものだと思います。
    それぞれが、興味深く、仕掛け絵本になっている懲りようで、夢中になって読むお子さんもいることだと思います。
    子供の好奇心をくすぐるのは、間違いのないところです。
    読み聞かせには難しく、小学校低学年以上が自ら読む類の絵本だと思います。
    価値ある作品だとは思いますが、2800円(税抜き)という定価は、やはり高価な感がありなかなか手を出せない価格帯なのが残念です。

    掲載日:2011/09/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 地球への興味関心の入口に・・・

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子18歳

    小学校に1冊ほしいですねぇ

    亀に乗っかっていたり
    蛇に乗っかっていたり

    私達は、いろいろな科学技術のお陰で
    知識として知っているつもりでいますが
    昔の人々の想像力は、とてつもなく、すごくて、おもしろい!

    絵も、仕掛けも工夫されていて
    最後に、まとめ年表のようになっていて
    値段的には妥当かと

    科学と哲学と
    なるほどなぁ〜
    と、感心しました

    掲載日:2010/09/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 今、ここにいることの不思議

     とても凝ったつくりの本です。人間が古来 地球の形をどう考えていたのかについて、調べてわかった面白さを伝えたい という著者の想いが いっぱい詰まった本だと思いました。
     
     いろんな時代の いろんな地域の人たちが、自分がいる「ここ」がどういうところか知りたい!と熱望してきたことがわかります。それは、自分が今、ここに存在していることを不思議に思う気持ちと繋がっていると思います。

     そして、地球の形についての人々の想像力の逞しさ、その想像の多様性、更に、科学の発達には驚くばかりです。

     その流れの中で、20世紀に人間が地球の外から地球を眺めたことは、ものすごいことでした。この時代の人々だけでなく、今まで生きてきたすべての人を代表しての宇宙飛行だったのだなぁと思いました。

     「地球のかたち」について考えると、今 ここにいることの不思議にも おのずと心が向かいます。まさに、タイトルの通り、「哲学」だと思いました。

    掲載日:2016/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 先人たちへ

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳、男の子2歳

    先を生きてきてくれた方々へ「ありがとう」という気持ちになります。
    たくさんの考えをめぐらせつつ、地球はまるいにたどり着いたことを想像するだけで胸が熱くなります。
    今ではまさか〜と微笑ましく感じてしまうことでも、
    大人たちが一生懸命考え考え考え抜いていたんだろうと感動します。
    私が楽しんで宝物にしたいような絵本です。

    掲載日:2012/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 図鑑のような

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    こんなにしっかりとした図鑑のような絵本なんですね
    しかも簡単な仕掛け絵本になっているので、子供には「めくりたい」という好奇心がそそられるようです
    またあけてびっくり!「魚の上に卵・・・水牛?」
    地球を支えているのは昔からへびが多く驚きです
    人類は地球に対して敬意を抱いていた証拠なのでしょうか・・・
    今の子供たちは地球は球状だということが当たり前のこととして知識に入っているので、昔の人のこうした考え方が面白いようですが、まだ読むにはむずかしいかな
    文章も細かくどちらかというと小学校高学年、大人でも楽しめます

    掲載日:2012/02/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人が楽しめる絵本

    古代からの学者が考えてきた地球の形や、各地の伝説で語られている地球の形がカテゴリー分けして描かれています。

    それらのイメージは個別に触れて知る機会はあるかもしれませんが、こんな風に一堂に集める発想に驚きました。こうして並べてみると、地球を動物が支えているという発想も世界各地にあったことがわかり、興味深いです。

    普段はあまり書物に興味を示さない主人も関心して眺めていました。

    掲載日:2011/09/11

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット