十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

ほんとのおおきさ恐竜博」 みんなの声

ほんとのおおきさ恐竜博 監修:真鍋 真
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2010年07月
ISBN:9784052032905
評価スコア 4.2
評価ランキング 15,861
みんなの声 総数 4
「ほんとのおおきさ恐竜博」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 迫力満点

    ほんとのおおきさシリーズ大好きです。
    恐竜はもちろん写真ではないですが、迫力満点に本いっぱいに恐竜の姿があります。
    恐竜のいた世界を想像しながら、ページをめくっていきました。
    図鑑ほど詳しくはないですが、いろいろな角度から恐竜を解説してあり新たな発見がいっぱいありました。

    掲載日:2015/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほんとの大きさ

    • サマさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    恐竜が大好きな息子と一緒に読みました。
    恐竜図鑑にはないほんとの大きさの迫力。また、どの恐竜も大きくてページからはみ出ています。

    これが目だね。歯だね。と大きさに驚いていました。本当に博物館のようです。

    中でも、ティラのサウルスのう○こが実物大で載っていたことに息子は大きさを実感したようです。「これう○こ??」「でけぇ」と大喜びでした。

    ほんとの大きさシリーズ全部読みたいです

    掲載日:2012/07/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ユニークな表情

    表紙を飾るニジェールサウルスの表情がなんだかこっけいで
    恐竜と言っても色々な顔をしたものがいるんだなあと教えてくれます。
    我が家には女の子しかいないので絵本で恐竜関係の絵本を読むことがほとんどないんですが
    「ほんとのおおきさ」シリーズにつられて読んでみました。
    ティラノサウルスとかの大型恐竜は牙だけでページが埋まってしまうほどなんだけど
    てのひらに乗るくらいの大きさの恐竜もあったりで
    案外と娘は楽しそうに眺めていました。
    一番驚いていたのは ティラノサウルスの実物大ウンチや卵の大きさです。
    恐竜好きなお子さんでもそうでなくても十分楽しめる絵本だと思います。

    掲載日:2011/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子で楽しめました

    元々恐竜好きな息子。夏休みに恐竜博物館へ行ったこともあり、本物の大きさにも興味があります。

    読み聞かせというよりは親子二人で見ました。

    もちろん、一部分の大きさですけれど、ティラのの歯の大きさにびっくりしたり、今も生きていたら怖いねなんて言いながら、本物の大きさを堪能しました。

    お決まりのように、うんちの大きさのところでは受けていた息子です。

    恐竜の好きな、どちらかというと男の子向けかもしれませんけれど、親子で楽しめました。

    掲載日:2010/11/14

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット