だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ヤマネのすむ森 湊先生のヤマネと自然研究記」 みんなの声

ヤマネのすむ森 湊先生のヤマネと自然研究記 作:湊秋作
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2010年07月
ISBN:9784052030352
評価スコア 4
評価ランキング 22,265
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ドリトル先生が発端だったのかぁ〜。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    うちの子どもたちと絶叫しながら、写真を見ました。
    『やまね』の写真が超、可愛かったです!!
    でも、蛾を食べてるお食事のシーンは意外と残酷に見えました。
    アケビとか食べてるところはキュートでしたよ。

    読書推進で、中学生になると、ほとんどの学校が「朝読」をさせていますが、読書の苦手なお子さんには結構きついですよね。
    でも、こういう写真の多いノンフィクションなら楽しく読めるのではないでしょうか?(この作品については『動物好きの人』という限定がついてしまいますが)

    この本の中で、一番面白かった個所は作者の湊さんが『やまね語』について研究してみた』という記述のところです。
    海外の教授と一緒に研究を重ねたうえで、日本のやまねと海外のやまねとでは声が違うことが分かったそうです。
    つまり、その土地その土地の『やまね語』が存在するということが分かったんですって!
    これはびっくりですよね〜。
    そして、湊さんが『やまね語』を調べようと思ったのは、「ドリトル先生」のように『やまね語』があったら知りたい。と思ったからだそうです。

    こういうところに、小さいころ読んだ本の思い出が、役に立つというか、「夢の種」になるんですね。

    作者は山梨県にある『やまねミュージアム』の館長さんです。
    一般の人も行けるのかな?
    いつか子どもたちと『やまねミュージアム』へ行ってみたいです。

    掲載日:2010/12/05

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット