たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

かあさん どうして」 みんなの声

かあさん どうして 作:谷川 俊太郎
絵:中村 悦子
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2010年07月
ISBN:9784333024483
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,485
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 3歳の娘と読もうと購入しました。が、娘に読んでやる私の方が正直、最後のページに行きつく前に涙がでそうになりました。
    谷川俊太郎さんの「川」という詩がもとになっているのですが、そうですね。例えて言うなら、スクリーンにうさぎの親子の映像が流れていて、テロップで、詩が浮かんでくるような感じでしょうか…。詩と絵とが折り重なって、また新たな世界を展開している、あぁ、詩って、こんな風に味わっていくものなんだなぁ・・・と教えて貰った気がします。
    娘は、後半、文字がなくなり絵だけでストーリーが展開していくようになると、まだまだ深くは理解できないようですが、前半の詩が書かれている部分がプロローグで、後半から本篇がスタートするような深みがあります。
    この構成も素晴らしいと思います。
    絵を読む、詩を味わう・・・余韻にひたれる絵本です。
    幼い子と一緒に楽しむのは難しいかもしれませんが、子どもはきっと、何度も繰り返し読んでいき、自分で読めるようになるにつれ、深く読みとれるようになっていくと思いました。
    ぜひ多くの方に知っていただきたい素晴らしい作品です。

    掲載日:2010/08/18

    参考になりました
    感謝
    3
  • 評価する必要もないほど

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子4歳、男の子2歳

    絵本ナビで紹介されていて気になっていたので、図書館で見つけたときは迷わず手に取りました。
    なんともまぁ、評価する必要もないという。
    この本を悪く言う人はいないだろうと、率直に思いました。
    絵本という垣根はすでに超えていますね。詩集か…はたまた映画か…?
    これほど芸術性の高い絵本は初めてです。
    言葉の優しいこと。絵の優しいこと。時間に追われる日々の生活の中では、こんな絵本を開く時間が絶対に必要だと思います。
    これを読むと、自分の心の中にも川が流れます。穏やかな川の流れ。想像がぐんぐん広まっていき、とても心地よくなります。
    最高の作品です。

    掲載日:2010/11/11

    参考になりました
    感謝
    2
  • あたたかい

    • やみはままさん
    • 40代
    • ママ
    • 茨城県
    • 男の子19歳、男の子16歳、女の子13歳

    中村悦子さんの絵が大好きで、本屋さんで見つけた瞬間、目がくぎづけになり、すぐ立ち読みしました。

    あたたかい絵と詩がぴったりと合っていて、何回でも読みたくなる絵本でした。

    うちでウサギを飼っていることもあって、ウサギの絵本にはつい注目してしまうのですが、そういう意味でも、しっかりウサギが描かれていてすてきでした。ウサギが描かれている絵本の中には、本物のウサギを全く無視して、人間や犬にしか見えないものが多いので・・・。

    いろんな面ですてきな絵本です。読んであげるのもよし、大人の癒しのためにもよし、の絵本だと思います。

    掲載日:2010/08/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • 抒情詩のような絵本

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    題名どおり、うさぎの3匹の子供らが、かあさんに川について質問します。
    最初の問いは
    「かあさん どうして かわはわらっているの?」
    それに対するかあさんの答えは、
    「たいようが かわをくすぐっているからよ」

    谷川俊太郎さんらしい抒情詩のような言葉が並びます。
    その言葉と、中村悦子さんの雄大な自然を描いた絵が実にマッチしているのです。
    途中からかあさんが登場しなくなったり、うさぎの子供らが海岸に向かったりと絵で巧みに何かを示唆してくる気がします。

    読み聞かせの絵本というより、大人が余韻を楽しむといった類の絵本と言った方が適切かも知れません。
    マーガレット・ワイズ・ブラウンのような心地よい気持ちにさせてくれる作品なので、そんな気分の時に読みたい絵本です。

    掲載日:2010/08/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 今、この時代に、大人に読んでいただきたい

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子18歳

    「おかあさんになるってどんなこと」の絵の人だ!
    と、とても気になり、図書室にリクエスト

    谷川さんの詩に合わせての絵本なんですね!?

    とっても、素敵な絵の中で
    こうさぎと、かあさんうさぎが本当に生きているかのように
    描かれています

    「どうして?」「なぜ?」の繰り返しが、うるさい位の時期が、こどもの発達段階にあります
    それは、とても必要なこと
    どの程度の答えを期待しているのか、年齢やその子の興味の度合いでも違うと思います

    1番大切なのは、ゆったりと、心落ち着くような対応の仕方なのかな・・・と、思っていたこの頃
    この絵本に、再確認させていただきました

    あまりにも悲しい虐待、幼い子どもの死のニュースが多過ぎて、心痛の折、ありがたい絵本でした

    どうぞ、人間のおかあさん、おとうさん、子どもを取り巻く周囲の方々、手に取って読んでみてください

    掲載日:2010/08/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 野兎一家の一年

    このお話は、野兎の一家が一年色々な体験をしながら成長していくのを描いたお話でした。子ウサギはお母さんウサギに色々質問をして、それにお母さんが優しく答えていてとっても素敵な家族でした。絵だけで物語を語っているページも多かったので、読む手が自分の考えでお話を読み取ることもできて楽しかったです。

    掲載日:2015/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • すっと絵本の中へ

    こうさぎたちの問いに、優しく答えるおかあさん。

    ほんのわずかの文章で、
    すっと絵本の中へ引き込まれてゆきました。

    時が来て、母の元から旅立つこうさぎたち。

    その先には・・・・・・・。

    最後の繰り返しの文章が、胸にぐっときます。

    掲載日:2014/01/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • これも、美しい絵本です

    谷川さんの詩の美しさと、中村さんの絵の美しさが見事にマッチしています。
    こうさぎたちの質問に、淡々と答えているのはお母さんうさぎでしょうか。
    その答えが見事です。季節の移り変わりとともに4匹いたうさぎが3匹になって行きます。いつ子離れしたのでしょう? 字のないページもあり、絵を読むのに時間をかけられます。
    こういった美しい絵本は、まず大人がじっくり味わい、そこから得たものを大切にしたいものです。

    掲載日:2013/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心が洗われる

    谷川俊太郎さんの繊細な詩と、中村悦子さんの温かい絵のコラボレーション。
    心が洗われる絵本でした。

    よく子どもに「どうして?」とたずねられることがありますが、うさぎのお母さんのように、きれいな言葉で返事をすることは難しいです。
    でも、子どもの質問に一つ一つ、向き合って、答える姿勢を見習いたいと思いました。

    「川はどうして休まないの?」「それはね、海の母さんが、川の帰りを待っているのよ」が大好きでした。

    掲載日:2013/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵はきれいですが大きなお子さんにお薦め

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    中村悦子さんが絵を描いています。
    中村さんは「つるばら村」シリーズ(茂市久美子:作)の挿絵を描かれています。森の風景や小動物たちの絵がとても優しくて素敵に表現される方です。

    谷川さんの詩はもういうことなくて、寄せては返す波音を聞いているような気持ちになる言葉でした。

    絵本の作品の作り方もこだわりを感じました。文章と絵の配分とか…。

    作品の中に描かれているうさぎの子供たちの成長とともに、
    この絵本を聞き終えた(見終えた)子どもたちが続きの世界を想像してくれたら素敵だなと、思います。

    私はすごくいいと思ったのですが、うちの下の子にはもう一つ「詩の心」は分からなかったようで、小6かなのに「母さんうさぎ、うそ言っているよ〜」とか茶化していました。
    なので、絵はとてもきれいですが、あまり小さなお子さんたちには早いかも。もうちょっと大きくなったらもう一度読んでみようかな?

    掲載日:2012/01/31

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / じゃあじゃあびりびり / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2つの写真のまちがいをさがそう

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.69)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット