なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

きりんのカミーユ カミーユとすてきなうみのおくりもの」 みんなの声

きりんのカミーユ カミーユとすてきなうみのおくりもの 作・絵:ジャック・デュケノワ
訳:石津 ちひろ
出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2010年07月
ISBN:9784477020556
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,440
みんなの声 総数 8
「きりんのカミーユ カミーユとすてきなうみのおくりもの」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • くじらがかわいそう

    カミーユがくじらのおなかの中に入ったからびっくりしました。

    出られるかな?と思ったのと、くじらの歌が聞けるのかな?と思いました。

    くじらが油でべとべとになっているのがかわいそうでした。

    でも、くじらは大きいのでおそうじするのがたいへんだと思いました。

    さいごはよかったです。

    海はきれいな方が泳ぎやすくていいと思いました。

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • なんで?

    なかよしおばけえほんシリーズを描いた

    作家だったので読みました。

    くじらの歌をきこうと海にいったカミーユ。

    くじらを発見したとき、くじらは油でベタベタ。

    このくだりをみて、

    「なんでベタベタしてるの?海は水じゃないの?」

    と聞かれ、答えに困りました。

    潮をふく穴も詰まっていました。

    なんで海に油が?説明するのは難しいですね。

    口でいうのは簡単ですが、ホントの意味を知るのは

    もっと大きくなってから・・・と思うと、少し切ないです。

    絵本ですから、そのあたりはサラっと流して

    楽しい物語になっていますが、大人だと

    ついついその背景まで考えてしまうものです。

    表紙はキリンらしく黄色に黒のブチがいっぱい。

    これに惹かれました。

    掲載日:2013/05/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • クジラの歌

    クジラの歌って、どんななのでしょうね。
    とても気になりました。
    「ヒュルー」なんてか細そうですが、体が大きいのですから、実際には大きな音なのでしょうか。

    そして現れたのは、油で汚れたクジラです。
    環境問題や動物保護についても、考えられる無いようだったと思います。

    掲載日:2012/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • くじらの歌

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子9歳、女の子6歳

    くじらの歌が聞きたくて海にきたカミーユ。
    ただボートの上で聞くのかと思えば、マイクを海の中に入れてイヤホンで聞く姿にはプッと笑っちゃいました。
    油で苦しむくじらを助けるためにお腹の中に入るところではビックリでしたが、環境汚染について考えるきっかけになりよかったです。

    掲載日:2012/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • なるほど・・・

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    作者が実際10頭のマッコウクジラと出会いがあり、クジラの呼吸音を聞いた体験からこの絵本が生まれたんですね
    なるほどです・・・海のおくりものです
    ヒュルルルゥがそうだったんですね・・・
    マイクを海に入れちゃうなんて、驚きです
    クジラに対しての畏敬の念が感じましたよ
    クジラの体の中はきっとお母さんのおなかの中と同じくらい、居心地がよかったんでしょうね

    掲載日:2010/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • きりんのカミーユのキャラが秀逸

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    ジャック・デュケノワは、フランスの絵本作家兼幼稚園教師。
    おばけのシリーズが沢山出版されていて、人気が高いようです。

    この作品は、「きりんのカミーユ」シリーズの第2段。
    何と言っても、カミーユのキャラクターが秀逸。
    きりんをこんな風に描いた作品は初めて見ました。
    これは、人気を博するのではないでしょうか?

    物語は、カミーユがくじらの歌を聞きたくて、海のまん中まで漕ぎ出すシーンから始まります。
    くじらの声が苦しそうなことに気づいたカミーユは、くじらを助けるのですが、何と油まみれになっていたのです。
    環境問題っぽい感じでしたが、登場したくじらのキャラクターもなかなかのもの。

    全体を通して、キャラクターを見て楽しむ絵本だと思います。

    掲載日:2010/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思ってもみない展開

    「カミーユせんせいはまほうつかい」が出た時から、シリーズ作がありそうだなあと思っていました。

    短い間にすぐに新作が出ましたね。

    「これで、ちゃんといきができるわ!」というセリフで、あれ?カミーユって女の子なの?と思ったのでした。

    というのも「カミーユせんせいはまほうつかい」は、男の先生とばっかり思って読んでいたので。

    のんびりくじらのうたを楽しむというお話かなと思ったら、海の汚れで油まみれになったくじらに会うんですね。

    これは思ってもみない展開でした。

    おばけシリーズとはまた違った魅力を感じるこのシリーズ。まだまだ次回作がありそうな。それが楽しみです。

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • お子さんたちが喜びそうですねぇ〜。

     カミーユさん、夏のバカンスですか?
     可愛いボートをスイスイ漕いで、海の真ん中で、ま〜〜〜素敵!
     くじらさんの歌を聴きに行くなんて。
     くじらさんは、ヒュ〜ルルルゥ〜♪って歌うんですか。
     聴いているカミーユさんの楽しそうな表情ったら可愛いですね。
     くじらさんのピンチに、頑張っちゃうカミーユさんがエスカレートしちゃって、エッ、エ〜〜〜〜〜!
     私の心配は取り越し苦労でした。
     元気になったくじらさんとのこの後のページは、お子さんたちが喜びそうですねぇ〜。
     お昼寝しちゃうカミーユさんのおおらかさも、“新しい魅力発見”っていう感じです。
     油で体がベトベトというところで、お子さんが「なぜ?」と問いかけてきたら、少し地球の環境についてお話を補足してあげるのも良いですね。
     低学年のお話会で紹介してみたくなりました。

    掲載日:2010/08/23

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット