雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
汐見台3丁目さん 40代・ママ

賢治の作品の祖となるテーマ
つい近年まで私の中では、宮沢賢治という…

レッカーしゃベニー いたずらモ−トンのしっぱい」 みんなの声

レッカーしゃベニー いたずらモ−トンのしっぱい 作:ケレンラドロー
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\850+税
発行日:1996年10月
ISBN:9784097274636
評価スコア 3
評価ランキング 36,885
みんなの声 総数 2
「レッカーしゃベニー いたずらモ−トンのしっぱい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ちょっと説教くさいかな。

    レッカー車ベニーの「えいがスターのたんじょう」が大好きで、毎晩「読んで!」と持ってきます。
    そんな3歳になりたて息子に図書館で借りました。

    今回はバイクのモートンの話。
    いたずらをして、最後にとっちめられるというものです。
    大人的には、なんというか説教くさく、あまり楽しくありません。
    この絵本では息子の大好きなレッカー車もリムジンも出てこなかったので、
    息子もそこまで好きではなかったようです。 

    ただ、表紙と裏表紙の見返しの、スモールビルズの町の俯瞰図にはかなり食いついていました。

    掲載日:2014/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 車版の機関車トーマスのような

    車版の機関車トーマスのようなお話だなあと思いました。

    絵本のサイズや絵に対して活字が大きすぎるような印象を持ちました。

    文章の分量が多いので活字の大きさが圧迫感があります。

    車好きなお子さんにはよさそうなのですが、この文字に圧倒されはしないかなあと、ちょっとそこが心配です。

    いたずらっこものにあるような展開でお話の方はおもしろかったです。

    掲載日:2010/07/07

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(2人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット