あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

ぞうがいます」 みんなの声

ぞうがいます 作・絵:五味 太郎
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2001年
ISBN:9784579404056
評価スコア 3.75
評価ランキング 29,402
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 心の中に

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    2歳と4歳の子に読みました。
    他の人には見えない。ぼくにしか見えないぞう。
    みんな心の中になにか動物がいるものなのでしょうか?
    ぼくをはげましてくれたりするぞう。ということでわりと男の子がつらそうなシーンがちょこちょこあったのがあまり…。

    掲載日:2015/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぞうが見守ってくれているんだ

    ぞうがいます 
    空の上に白い像 雲が像に見えたのかな?
    だれにみみえません 
    男の子の心の中にいるぞうなんですね励ましてくれたり パワーをくれたり 慰めてくれたり  心配してくれたり
    心の中にいるぞうに見守られているのですね
    こんなことを考えている男の子
    生活感は感じられるのですが・・・ ちょっとさびしい感じです

    孤独な人間の様子を五味さんは 自分だけの心の中のぞうに安心感を見出したのでしょうか?

    でも・・・ こんなふうに考えるといいかも

    掲載日:2014/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議?

    大好きな五味太郎さんの絵本。

    だけど今回の絵本はちょっと不思議すぎて

    小さい子にはそのファンタジーさが伝わらず

    おもしろくない終わり方になってしまいました。

    大人すぎる内容というか、逆にストーリーを

    感じないというか・・・。

    小さい子には難しかったようです。

    掲載日:2012/07/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心のゾウ

    はっきり言って、何を描いているのか、何が言いたいのか、さっぱりわからなかったんです。ラストにたどりつくまでは・・・
    心のゾウなんですね。
    真っ白でひょろっとしたゾウ?と思える生き物が、ぼくの心にはいるんですね。
    そして、お父さんにはライオンが。
    どんなライオンなんでしょう?
    ライオンの絵も見たかったなと思います。

    掲載日:2012/04/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私のはなにかな・・・

    2歳10ヶ月の息子に読んでやりました。ゾウが好きな息子にとおもったのですが、少々息子には難しい本みたいでした。私にも難しいかも?ストーリーは、ある男の子のいろんな状況で彼にしか見えない白いゾウがいるということです。それをパパに相談すると、パパにはライオンが見えると、やはり同じ状況だとか・・・。

    いったいこれは何を語っているのだろう?見守ってくれている、守護霊のようなものなのか、それとも自分自身なのか・・・。ちょっと哲学的なものも感じ、私が息子にどう説明してあげればいいか迷いました。

    ただ、色々な状況はいたって身近なシーンばかりですので、言葉を覚えだしたお子さんにその色々なシーンを一緒に見て楽しむには楽しめる本だと思います。

    掲載日:2010/07/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつも見守ってくれます

    いつも見守ってくれる「ぞうがいます」そう思っている主人公は心強い

    と思います。とうさんには、「ライオン」が見守ってくれてます。

    「私には、誰が?」って思ってしまいましたが、きっと、母や父がいつ

    までも見守ってくれていると思います。幾つになっても、ちっとも大人

    になれないでいるので心配してくれていることでしょう・・・

    絵がとっても目立ち惹かれます!

    子供たちの愛嬌のある可愛い顔がとても素敵でした。

    心の中のぞうさんですが、ちょっと気になる存在でした。

    掲載日:2010/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な存在

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子3歳、男の子2歳

    みんな、こんな「ぞう」のような存在がいるのでしょうか。
    いつでも自分を見守り、励ましてくれる存在。
    きっと心強いですよね。

    3歳の息子は「あ、ぞうが大きくなった!」「あ、今度は小さくなった!」と、微妙な大きさの変化に反応してました。
    私が見ても「えー、そうだっけ?」って分からないくらいなんですけど。(息子の気のせいかもしれませんが)

    掲載日:2010/06/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 守護神?

    • しのべさん
    • 30代
    • ママ
    • 茨城県
    • 女の子1歳

    いつでもどこにいても、空にぽっかり浮かんで自分をみつめているゾウ。不思議な存在で、自分以外には誰にも見えない。
    そして自分だけの見方で、いつでも一緒、心強い存在。
    子供の頃って、そんな存在を自然に作っていた記憶があります。
    お父さんはライオンってのがちょっと笑えました。
    心の友達が見つかりそうな絵本です。

    掲載日:2010/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんども読むうちに・・

    • ちびびさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子3歳

    数回読んだだけの頃はきょとんとしていた息子、
    だんだんゾウがいつもいてくれるんだねぇ、と
    理解を始めたようです。
    それぞれの心にいる自分の味方、
    それがゾウって強いよねぇ
    おとうさんはライオンだもの、もっとだ!と
    読む回数を重ねる度に面白みがでてきたようです。

    掲載日:2007/07/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぞうさん

    主人公の男の子には、自分にしか見えない
    ぞうさんがいつも傍にいます。
    いじめられてる姿や病院の帰り道、
    バスに酔って吐く、お葬式の絵はちょっと・・・と思い、
    ちょっと1才児には難しいかなと思ったのですが
    ぞうさんを見つけては喜んでいます。
    この本が理解できるようになったら
    おもしろいなと思いました。

    掲載日:2007/03/28

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(15人)

絵本の評価(3.75)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット