だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

さよならをいえるまで」 みんなの声

さよならをいえるまで 作:マーガレット・ワイルド
絵:フレヤ・ブラックウッド
訳:石崎 洋司
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2010年06月
ISBN:9784265068241
評価スコア 4.47
評価ランキング 7,222
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 愛するものとの別れのしかた

    愛犬ジャンピーの突然の死を受け入れなれないハリー。
    夢の中のジャンピーを見つめながらジャンピーの死を受けれていくハリー。
    目前で死んだのだったら、ハリーにとってはもっと衝撃だったのかも知れない。
    それにしても誰にでもおとずれる死を、誰もが受け止めなければならないのです。
    さよならをいえるまでにたどったハリーの道はとても美しく感じました。
    子どもたちにも、絵本を通して「死」というものを伝える大切さを感じます。
    それは、生への愛着と切り離せないのです。
    人々への思いやりを培うものでもあります。
    この本はさりげなくそんなことを教えてくれました。

    掲載日:2010/11/13

    参考になりました
    感謝
    2
  • 良いお別れの仕方ができて良かった

     愛犬の死との向き合い方を考えさせられる作品でした。
     父子家庭なのでしょうか?
     少年ハリーと愛犬ジャンピーのぬくもりを求め合う優しい関係が微笑ましかった。
     唐突なジャンピーの死という現実を受け止められないハリー。
     人は大きな悲しみに出会うと放心状態になるものだと、改めて教えられます。
     失ったもののぬくもり・におい・声どれも恋しくて、やるせなくて。
     そんなハリーの悲しみに寄り添うお父さんの深い優しさ。
     ハリーがジャンピーの死を受け入れ、彼なりのお別れの仕方を終え納得するまで見守ってくれた様子に感動しました。
     ジャンピーの姿が、ぼんやり・冬の霧のようにおぼろげという表現や、体が冬の夜のように冷たいという描写に読んでいて涙がこぼれました。
     エンディングのハリーの言葉に、良いお別れの仕方ができて良かったと思いました。

    掲載日:2010/08/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • 泣けるし 暖かい気持ちになります

    久々に絵本を購入して 3歳と5歳の女の子二人に読み聞かせました。。
    一度目 読んだ時は 私が泣いてしまって まともに読んであげることが出来ませんでした。。。

    でも その 気持ちは十分 二人に伝わっておりました。。。

    悲しくなる 絵本ですが 希望もある 内容です。 暖かい気持ちでおさまります。 近頃 流行の泣かせよう。。。ってしてるところもあるのですが 素直に良い 絵本です。

    娘たちの反応も 内容は二人ともよく 理解してるようです。
    3歳の子は 内容は理解してるが ちょっと 衝撃的なことで 保育所で熱心に先生たちに お話してたようです。
    5歳の子は 悲しい ってことが理解できているようです。。どうやら 話してると 泣きそうになってました。

    購入してよかったです

    掲載日:2010/07/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 死の訪れ・・

    だれにでもやってくる「死」を描いた本です。

    死生観の本はいろいろありますが
    この本は、ペットとの突然の別れを題材としています。
    病院に入院していたおじいちゃんが死んでしまうのとちがって
    何の覚悟もないまま突然知らされる死。
    少年が、ペットの死を少しずつ受け入れていく描写が
    なんともいえず
    読みながら、目に涙がにじんでしまいます・・。

    最後に死を乗り越えた少年の柔らかい笑顔が印象的です。

    掲載日:2014/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 逝ってしまった側の悲しみ

    いつものようにそこにいて、
    迎えてくれると思っていたジャンピーの突然の死。

    残酷で悲しい現実をなかなか受け止められない少年が、
    のこされた側の悲しみから、
    突然別れざるを得なかった、
    逝ってしまった側の悲しみに気付きます。
    はかなげなジャンピーを表す絵や文から、
    少年とジャンピーの悲しみがひしひしと伝わってきて、
    涙が溢れそうになりました。

    心の準備もないまま、愛するものの死と直面しなければ
    ならない現実も時にはあるということ。
    まだ幼い息子には先になりますが、
    そういったことを知っておいてもらいたいと思いました。


    掲載日:2012/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛犬

    タイトルに惹かれて選びました。

    愛するジャンピーが突然の事故で亡くなるなんてやっぱり直ぐには死は

    受け入れないと思いました。

    昨日まで元気だって毎日一緒に遊んでいただけにやっぱり信じれないと

    思いました。ジャンピーだって心はいつもハリーの所にあって成仏でき

    ていなかったと思います。ハリーなりに、愛犬の死を受け入れられてよ

    かったと思いました。生あるものはいつか死が訪れますが、私は考えた

    くないです・・・・・・・

    掲載日:2011/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 家族の死

    ペットの死と、それを少しずつ受け入れていく男の子のお話です。

    ペットを家族の一員として愛するハリー。
    ある日、突然の事故で犬のジャンピーは死んでしまいます。
    なかなかジャンピーの死を受け入れられないハリーの姿は、読んでいて痛々しくなりました。

    ハリーを見守る家族も温かです。
    無理やり忘れさせようなどとはせずに、静かに時間が解決してくれることを待っているようです。

    我が家にはペットはいませんが、家族との別れということでは、ペットの有無は関係ないのでしょう。

    掲載日:2011/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が好きです。

    6歳の長女にプレゼントしました。
    私自信、小さい頃に3匹の犬を飼っていて当然その犬たちの死も経験しました。
    だからこの絵本を読むときっと泣くだろうなぁと思っていたのですが、なぜかそこまで気持ちがいきませんでした。
    子どもたちは経験してないので、ほんとの意味での理解は出来ていないと思いますが、それでもいつか必ず「死」はおとずれるものと
    なんとなくわかってくれたと思います。

    掲載日:2011/06/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子犬のジャアピーとハリーはとても仲良し ハリーは本当にジャンピーが大好きで 二人の間には 愛情が生まれています。
    そんな 二人なのに・・・・
    ジャンピーは事故に遭い死んでしまうのです。
    あまりに突然のジャンピーの死をどうしても受け入れられず悲しむハリーの気持ちが 痛いほど分かります!

    お父さんは優しくハリーに接してあげます。 お父さんも悲しいのですが・・・

    そして ハリーはジャンピーの死を受け止めて 「さよなら」を言うのですが そこまでには心の整理がいったでしょうね!(その様子が痛いほど分かりました)

    絵もステキでした。 ジャンピーとの楽しかった様子・悲しさがとても伝わるります
      
    学校で 友達にも言えない心境、悲しくて涙しました。

    ラストの絵は父子の生活感 ジャンピーのお墓の前にいるハリーの悲しさが伝わり泣けました・・・・

    死に向き合う悲しい絵本ですが ステキな描き方でした

    掲載日:2011/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 別れはさびしいです

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    デッサンのような描き方が印象的で、特に犬の動き方が生き生きしていて素晴らしいです
    題名からきっと悲しい結末が待っているんだろうなという予測はつきましたが、もっと抒情的でジャンピーの優しさが隅々まで伝わってきて、納得のいく話の流れでした

    大事な物の「死」を受け入れるのはたやすいことではありません
    時間は絶対に必要だということも証明してくれました

    心に残る一冊になりました

    掲載日:2011/04/18

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / よるくま

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット