もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

なぞなぞな〜に はるのまき」 みんなの声

なぞなぞな〜に はるのまき 作・絵:いまきみち
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\680+税
発行日:1995年5月
ISBN:9784834013160
評価スコア 4.2
評価ランキング 15,742
みんなの声 総数 9
「なぞなぞな〜に はるのまき」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 親子で遊べる絵本

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    「なぞなぞなーに」は四季の4冊が出ているので、はるのまきから読んでみました。

    「あさになると ひらき
     よるになると
     とじるもの な〜に?」
    というなぞなぞで始まるのですが、次のページの答えは、め。
    目が答えなのですが、絵の中には芽が描かれていて、春に因んだということなのでしょう。
    その他も、鼻と花、歯と葉などがあって、なぞなぞだけでなく、同音意義語を考えることにも繋がる絵本です。

    ただ、はるのまきと銘うっているのに、春のなぞなぞになっていないことに違和感を持ちました。
    全体を通じて、春が旬の
    ワラビ、イタドリ、タンポポ、フキ、ヨモギ、ツクシ、ヤブカンゾウといった植物を描いているのですから、春に因んだなぞなぞでないのが残念でした。

    なぞなぞは、親子の対話ができるので、純粋に遊べる絵本だと思います。

    掲載日:2011/03/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しく活用

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子9歳、男の子6歳

    同じシリーズの「ふゆのまき」といっしょに
    年長児相手のイベントに使いましたが、大好評でした。

    なぞなぞのレベルが難しいのではと思いましたが
    (正直私はわからないものもありました)
    すぐ答えられてしまったたものもあり、
    なかなか幼稚園生をなめてはいけないと思いました(笑)
    ヒントをだしてのやりとりも楽しくできました。

    問題のページも絵のページもはっきりとわかりやすいので
    子供と一人でも楽しめますし、大勢でも楽しく活用できました。

    掲載日:2011/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 春のご馳走がいっぱい

    おばあちゃんと孫となぞなぞをしながら、野山で春のご馳走を籠いっぱいにします。ワラビ、イタドリ、タンポポ、ヤブカンゾウ、フキ、ヨモギ、ツクシと春のご馳走でいっぱいです。おばあちゃんの髪につけたたんぽぽ、孫のたんぽぽの首飾りと春をいっぱい楽しんだ様子が目に浮かびます。つくしをとってつくしの卵とじが食べたくなりました。昔を懐かしく思いだしました。他の季節も読みたいです。

    掲載日:2009/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふたつの意味をもつことばあそび

    • びえんさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子7歳、女の子4歳

    「ふゆのまき」と一緒に図書館から借りてきましたが、
    こちらはことばあそびのなぞなぞという感じです。

    「目」と「芽」、「鼻」と「花」、「歯」と「葉」、
    「クモ」と「雲」など、なるほど春を感じさせるもの
    とほかの意味をもつものをかけてなぞなぞにしています。
    4歳の娘は夢中になりました。

    読んだあとも、何度も自分でページをめくり
    楽しんでいます。
    シンプルでわかりやすい絵もいいですね。

    「ふゆのまき」にも登場するねこが出ていて
    喜んでいました。
    こういう発見もシリーズものの楽しさです。

    掲載日:2009/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • なぞなぞに興味を持ちました

    最初は分からないと泣いていた息子。
    なぞなぞをあまり理解していないようでしたが、次第に理解し、なぞなぞが好きになりました。

    一見、春とは全く関係がないようななぞなぞばかりですが、イラストや最後のページで春の七草が描かれていて、そこに春を感じました。
    私も勉強になりました。
    こんな風に、外で季節を感じたいですね。

    掲載日:2008/06/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • なぞなぞにはまりました

    なぞなぞが大好き。ちょっと欲を言えば違う答えでもいいから答えて欲しい、と思うほどまじめに答える娘。

    芽と目をみたてたり、鼻と花をみたてたりと言葉遊びになっているので、とっても不思議そうですがはまっています。
    何回も読んでいるので、答えはもう覚えてしまっているので問題を読む前に答えをはりきって、弟と答えています。

    なぞなぞ入門ということでおすすめです。

    掲載日:2008/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばあちゃんの存在。

    春の草花や生き物をなぞなぞにして紹介する絵本でした。
    つくしやたんぽぽは私にもわかるけど( 子供にもわかるか)、ワラビやよもぎ、イタドリなんてのは教えたくても教えてあげられない…。
    こういう時、おばあちゃんの存在は大きいです。
    ページごとにじっくり挿絵を眺めながらおしゃべりが出来そうです。
    なつ、あき、ふゆのまきもあります。

    掲載日:2007/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今、なぞなぞがマイブームの娘。
    図書館で見つけて早速借りてきました。

    女の子とおばあちゃんが春の野原で野草つみ。
    そこで6問の問題が出されます。
    そして答えは全て、2つの意味がある言葉になっているのです。

    大人の場合、一度読んで答えが分かってしまえばもうお終いだと思いますが、そこはなぞなぞに興味を持ち始めたばかりの4歳児。
    繰り返し、繰り返し、答えは分かっているのになんでこんなに楽しめるんだろう?というぐらいに読んでいます。

    何度問題を出し合いっこしたことでしょうか…。

    掲載日:2007/05/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 同じ言葉なぞなぞ

    • たまっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、女の子3歳

    はるのまきということでどんな春のなぞなぞがあるのか楽しみにしていたけど、あまり春とは関係ありませんでした。
    でも、答えに人間の「目」「鼻」「歯」があったのでこれを「芽」「花」「葉」にみたてたのでしょうか。なかにはおもしろいものもありましたよ。最後の答えは「カエル」と同時に絵本の中にでてくる女の子とおばあさんが家に帰るの。はるのまきというより同じ言葉のなぞなぞって感じでした。

    掲載日:2003/05/14

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / てぶくろ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.2)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット