おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…

さあ歩こうよおじいちゃん」 みんなの声

さあ歩こうよおじいちゃん 作・絵:トミー・デ・パオラ
出版社:絵本の家
本体価格:\1,300+税
発行日:1988年01月
ISBN:9784900533011
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,080
みんなの声 総数 2
「さあ歩こうよおじいちゃん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 孫と祖父の絆

    歩くことから、遊ぶことから、いろいろなことをおじいちゃんのボブに教わった孫のボビー。
    おじいちゃんと一緒にいることが大好きなボビーに大きな事件が起こりました。
    おじいちゃんが重い病気で倒れたのです。
    歩くことも、話すことも、聞くこともできなくなってしまいました。
    両親があきらめているところで、ボビーにはおじいちゃんが自分の語りかけに応えてくれていることを知るのです。
    おじいちゃんと話ができるようになります。
    今度はボビーがおじいちゃんに歩き方を教えます。
    心の通い合いがあって、はじめてできた奇跡。
    心温まるお話です。

    子どもとっておじいちゃんとは、おじいちゃんにとって孫とは。
    とても大切なことを教えてくれていると思います。
    今月起こった大津波災害。
    9日経って、流された家屋からおばあちゃんと孫が救出されました。
    9日間、孫は動けないおばあちゃんに食料を渡し、防寒の介助をしていたそうです。
    災害の哀しみの中で、心温まる奇跡。
    どこかこの絵本とつながりを感じました。

    掲載日:2011/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • おじいちゃん

    いくら倒れたって、声が出なくたって孫の元気な顔を見れれば幸せだと

    思いました。傍にいてくれれば、二人の時間がまたいつものように取れ

    戻せるような気がしました。孫と歩く練習をしているので、孫も歩ける

    ようになったらいいなあって思いました。一緒に楽しんだ貴重な時間、

    今度は孫が先生になっておじいちゃんに教える番です。

    可愛がってもらったことはいつまでも忘れないでいるものだと思いまし

    た。いつまでも孫と関わりあっていきたいと思いました。

    掲載日:2010/07/12

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


『てのりにんじゃ』山田マチさん 北村裕花さん インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット