ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

きりの国の王女」 みんなの声

きりの国の王女 訳:内田 莉莎子
再話:フィツォフスキ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:1972年
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
「きりの国の王女」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ジプーシ―たちの昔話をまとめたものです。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    ジプシーって、実はどんな人たちのことを指すのか、微妙だな〜と、思って、「言泉」で調べてみました。
    いわゆる流浪の民なのですが、その故郷はインドと考えられているそうです。
    確かに、浅黒い肌に黒い眼、舞踊とうらないが得意。というイメージはありましたが、原点がインドとは!
    何となくヨーロッパかアラブ諸国の人種かと思っていました。
    そんなジプシーたちの昔話をなぜ、ロシア文学の邦訳で有名な内田さんが訳したんだろう?と、思ったら、
    再話編集したのが、ワルシャワ生まれの有名なジプシー学者が、
    元の本を書かれていたからなんですね。

    1冊の本から、なんだか不思議な縁や歴史を感じることができてうれしいです。

    さて、内容ですが、これがまたスペインの昔話にも似ているし、北欧の昔話にも似ています。でも、主人公たちは当然「ジプシー」なのです。
    この本には、表題作の「きりの国の王女」のほかに、
    「ひつじかいのバクレングロ」「雨ごいの名人」「七人の兄弟と悪魔」「魔法の小鳥」「すてられた子どもたち」「悪魔をだましたジプシー」「太陽の王の三本の金髪」「魔法の箱」「ヒキガエルとまずしいやもめ」が載っています。

    「すてられた子どもたち」はグリムの「お菓子の家」とお話が似てました。
    「太陽の王の三本の金髪」はヨーロッパ各地に同類の昔話があります。
    そして、どの話も面白いです!
    個人的に面白いなと思ったのは「悪魔をだましたジプシー」と「ヒキガエルとまずしいやもめ」でした。
    とても古い本なので、図書館とかでないとお目にかかれそうもありませんし、あまりにも古くて、今どきの子は特別な興味がなければ、
    まず手にしなさそうな作品です。
    ですが、それぞれのお話は時代を超えて面白く、ユーモアやロマンがあふれています。
    機会があったら、ブックトークや語りなどで、子どもたちに紹介したいです。

    掲載日:2010/07/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • おはなしたち

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    いろいろなジプシーのお話が楽しめました。
    表題の「きりの国の王女」は世の中に金の髪の人がいる理由を語ってくれます。
    きりの国の王さまは娘が大事なのでしょうが…うーん。「七人の兄弟と悪魔」に出てくるきりの国の王さまとは同一人物なのでしょうか?
    やっぱり昔話というものはどこかでつながっているのか「すてられた子どもたち」は「ヘンゼルとグレーテル」のお話に似ているなと思ったり。
    恋のお話もゆかいなお話もありますよ。

    掲載日:2014/11/13

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット