しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

のねずみチッチとほしのみずうみ」 みんなの声

のねずみチッチとほしのみずうみ 作・絵:ふくざわ ゆみこ
出版社:のら書店
本体価格:\1,200+税
発行日:2010年07月
ISBN:9784905015000
評価スコア 4.17
評価ランキング 17,287
みんなの声 総数 11
「のねずみチッチとほしのみずうみ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • のねずみのチッチの家族達は   みんなで みずうみへ ピクニック。

    パン屋さんのおとうさんおかあさん おじいちゃんおばあちゃんは 美味しいパンを作って ピクニックに持って行きます

    かぞくみんなで知恵を合わせ 力を合わせて いかだ作りです

    みずうみのよる いかだでみんなが行くと どんな いいことが待っているのかな

    これは 本を読んでのお楽しみです

    こんな素敵な時間を共有できるのって やっぱりいいなあ〜!

    チッチはしあわせで〜す

    掲載日:2016/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごくかわいい!

    ふくざわゆみこさんの絵がかわいくて大好きで、作者から探してみつけました。
    期待通り、とってもかわいいのねずみ一家のおはなしです。

    どの作品にもいえることですが、自然がほんとうにかわいい絵で描かれていて、本当に湖にいったように感じられました。なかなか身近に感じることの少なくなった自然を絵本を通して体感できるようでおすすめです。

    掲載日:2014/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • チッチ家族の冒険物語

    小学校1年生の教科書におすすめ本として『のねずみチッチ』が載っていたので、のねずみチッチのシリーズを図書館で借りてみました。

    初めて見た絵本でしたが、今まで読んでこなかったのがもったいなかったと思うくらい、かわいらしく、ストーリーもほのぼのと素敵な絵本でした。
    シリーズすべて読みたくなりました。

    仲良し家族にほのぼのし、冒険にわくわくし、きれいな景色にうっとりなります。いろんな要素がぎゅっとつまった絵本でした。
    家族でお出かけがしたくなる絵本です。

    掲載日:2013/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がとっても素敵

    5歳長女が選んで借りました。ふくざわゆみこさんの絵はとっても可愛らしく繊細で大好きですが、この絵本でも改めて感じました。

    のねずみチッチの家族のお話ですが、湖に家族でお出かけします。湖につくと家族で協力していかだ作り。湖の上で夜空を見て、とても素敵な風景が広がっています。こんな経験を家族でしたいなと思いました。

    シリーズであるようなので、また別のものも読みたいなと思います。

    掲載日:2013/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ホタル?

    チッチが家族と湖に行くお話。
    ほしのみずうみと記載されてますが、最後はホタルの光の綺麗さに言及されていて、星を見に行ったというより、ほたるを見に行ったのかと思えてしまうほど。

    いかだを作るシーンがとても丁寧に描かれていて印象的でした。
    そして、ふくざわゆみこさんの描くかわいい動物たちは相変わらず魅力的でした。

    掲載日:2012/07/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夏にピッタリ

    この絵本は夏にピッタリの絵本だと思います。みんなで湖にピクニック!?みたいに行ったり、星空観察と一緒に蛍も観察できたりと、夏満載の絵本でした!!今度蛍を見に行こうと思っていたので、葉たるの事にも触れてあってよかったです。

    掲載日:2012/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 家族

    「きょうは おやすみ」の看板を掛けて家族でピクニックにお出かけすることが出来て家族っていいなあって思いました。お店はおやすみでも自分たちの為だけにパンを焼いて嬉しそうにパンを焼いてて読んでいても嬉しくなりました。とてもほのぼのとして和む絵本でした。

    掲載日:2011/12/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 焦点がずれている?

    4歳1ヶ月の息子に読んでやりました。チッチの家族でみずうみにピクニックすることになりましたが、なんだかストーリーとして不完全燃焼。というのは、行くまで、つくまでの課程がとても詳しくかかれているのに、ついたころにお話が終わってしまい、最後の1ページで帰る様子がつづられているからです。いったい、なにがポイントのお話なのだろうか?いかだのつくりかた?パンの焼き方?チッチのシリーズだけに、期待していたのでとても残念でした。

    掲載日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛いのねずみ達

    • ももうさ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳、女の子1歳

    前作の、お店の中を斜め上から俯瞰で見るレイアウトが本当に素敵だったので、
    続編も図書館で借りて娘と読みました。
    似たような構図の場面もありますが、
    個人的には、前作の方が良かったような気がします・・・^^
    でも、可愛いのねずみ達に癒されました☆

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 蛍の頃に

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子14歳

    『のねずみチッチ』の続編です。
    のねずみ一家の末っ子チッチは家族と一緒に湖へピクニックです。
    前日のワクワク感、当日のいかだ作り、湖の素敵さなどが
    丁寧に描かれます。
    ふくざわゆみこさんの絵は細部までとてもおしゃれで、
    女の子にはたまらないでしょう。
    のねずみ一家の家業はベーカリー店ですが、
    こんな絵でみると、焼き立てパンの香りまで感じられるのです。
    森の木々や花々も丁寧に描かれていて、
    読者もいかだ作りしてみたい!と思わせますね。
    その手際の良さにびっくりです。
    ラストにかけては、星と蛍の群舞が幻想的です。
    チッチの感想が印象的でした。
    きっと心に焼き付いた光景だったことでしょう。
    やはり蛍の季節に読むのがお薦めですね。

    掲載日:2010/09/17

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / うんちしたのはだれよ! / コロちゃんはどこ?

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.17)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット