庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

まほうつかいのでし」 みんなの声

まほうつかいのでし 出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,165+税
発行日:1987年11月
ISBN:9784265031023
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,548
みんなの声 総数 1
「まほうつかいのでし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 『魔法使いの弟子』いくつ知ってますか

    『まほうつかいのでし』というタイトルだけで手に取ってしまった絵本。
    ゲーテのバラードをモチーフにしているこのお話は、実にさまざまな世界でいろいろに展開していて、お話の中に出てくるホウキそのもののような気がします。
    この絵本は音楽ものがたりというだけに、作曲家ポール・デュカの音楽をききながら書きあげたものでしょうか。
    軽快で展開のあるお話になっています。(ウンゲラーの毒気はみじんにもありません)。
    魔法使いの性格もよさそうだし、弟子にも仲間がいろいろいて楽しいお話。
    いままで読んだ絵本の中で、一番若年層を対象にしているような気もしますが、多分ポール・デュカの音楽とセットで楽しみたい絵本なのだと思います。
    音楽鑑賞絵本でしょうか。

    音楽といえば、どうしてもディズニー映画の『ファンタジア』のミッキーマウスが演じた弟子の印象が強いので、この絵本より先にディズニー絵本を見てしまったら少しつらいところかもしれません。

    そして、ウンゲラーの毒気ある皮肉たっぷりの絵本。柳原良平のアンクルトリス的世界の優等生的絵本。上田真而子の打楽器的リズム感と斎藤隆夫のフシギ絵的絵本。

    見る絵本ごとに、別の魔法使いと弟子がいるので楽しいと思います。

    掲載日:2010/07/14

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット