庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

パリの青い鳥」 みんなの声

パリの青い鳥 作:ヴェロニク・ウィルマン ジョエル・ルブロン
絵:ヴェロニク・ウィルマン ジョエル・ルブロン
訳:今江 祥智
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2003年02月
ISBN:9784776400028
評価スコア 3.57
評価ランキング 31,350
みんなの声 総数 6
「パリの青い鳥」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • パリを飛び回って

    モノクロームで硬質な写真絵本。
    観光地の風景写真の中に、ひとり青い服を着ているジャン。
    そして、描かれた青い鳩で不思議の物語になっています。
    母親とはぐれたジャンに、青い鳩のネストル。
    迷子になって泣いていたジャンが、ネストルに助けられると、お母さん恋しさよりも、パリの街並みに大いなる好奇心が先に立ってしまって、あちらこちらをさまよい歩きます。
    ちょっと硬質で、ざらつき感がありますが、チャーミングなお話だと思いました。

    掲載日:2012/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さなボクのパリ案内

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳

    この絵本の作者(写真家)が、息子さんの作った物語に沿って
    パリの街の中で写真を撮って作った絵本だそうです。
    息子さんは、この絵本に登場するかわいい青い服の子。
    そういわれてみれば、物語がちょっぴりたどたどしい感じもします。

    迷子になったジャン。雑踏の中で一人だけ青いのは
    寂しいきもち、孤独をあらわしているのかな?と思いました。
    例えれば、ホローコストを描いたスピルバーグの「シンドラーのリスト」で或る女の子一人だけがモノクロの中で赤い色をつけられていたこと=生命を現していたように。
    ポツン・・・とした感じがでています。

    ただ惜しむべきなのは、訳の言い回しが大人向けな言葉でちょっと伝わりにくいところ。
    「里ごころをつけた」など。
    橋の名や建物の名前も、息子には注釈つきで読みました。
    パリの街とかわいい男の子を見て楽しむ絵本かなと感じました。

    息子はパリに興味を持ちつつも、ガーゴイル(怪獣の彫刻)は
    怖いと思ったようです。わりとあっさりした反応でした。

    この絵本。
    もしかしたら文字が無くて写真だけのほうがよかったかも・・??

    掲載日:2010/03/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 青にこだわる理由がわからなかった。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    もともと作者が自分の子どもにせがまれて考えた物語らしく、構成というか、物語の目線が子どもっぽい感覚のような気がしました。
    写真絵本に(主役?の)鳩だけイラストで描かれています。
    なんでだろう?
    この鳩は、私はあまりいただけませんでした。
    それと素敵な写真なのに、あえておとこのこの福だけが青く染められているので、あまりいい意味ではなく目立っていました。
    そこまで「青」にこだわる理由は絵本からは見つけられず、後書きなどにも書いてなかったので、よくわかりません。

    ノートルダム寺院の写真はすごく迫力があって、面白いカットでした。
    子どもと鳩が主役の絵本ですが、この写真絵本を見て、我が家の子どもたちはあまり面白くなかったようです。
    個人的には子供向けの絵本ではない気がしました。

    掲載日:2009/07/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵でお洒落な絵本

    モノクロ写真と青い鳩の絵の組み合わせが印象的な絵本。
    さすがフランス!!洒落てるなぁ〜と思いました。

    ジャンと鳩と一緒に私自身も、パリを観光している気分になります。

    子どもの絵本というよりは、大人が楽しめる絵本なのではないかと思います。
    インテリアとして飾っておいても素敵かなと思います。

    掲載日:2008/07/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 青は特別な色?

    • えっこさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子11歳、女の子8歳、女の子3歳

    この本は、作者が息子の思いつく物語に沿ってパリで写真を撮って出来上がった本です。写真で構成されているので、パリの風景を楽しむことができます。セーヌ河の広さやテルトル広場の雑踏がよくわかりました。パリを知っている人、パリを知りたい人が読んだらもっと楽しいことでしょう。

    近頃話題の鳥ですが、ここでは鳩です。東京にも沢山いるけれど、パリにも多いようですね。この本では、子供のジャンよりも鳩のネルトルの性格描写の方が面白いと思います。

    ジャンはなんといっても、最後にママンに会えた場面の笑顔がピカイチです。

    欧州では青という色になにか特別は意味があるのでしょうか?メーテルリンクの青い鳥は幸せの象徴でしたが。

    掲載日:2004/03/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 写真が綺麗です。

     パリの街中でお母さんとはぐれてしまった少年のもとに青い鳩がやってきます。
     青い鳥は少年に幸福を運んでくれるのでしょうか。
     白黒の写真ですが、なかなか見応えがあると思いました。
     少年と鳥のやりとりも生き生きとしていて私は好きでした。
     パリを知っている人が見たらどんな風に思うのでしょうか。

    掲載日:2003/05/19

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

三びきのやぎのがらがらどん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おしいれのぼうけん / よるくま / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(3.57)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット