モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
しいら☆さん 50代・その他の方

ほっこり!クリスマス2016にお薦め!
ふくざわさんの絵本大好きな方 多いで…

ふでばこのなかのキルル」 みんなの声

ふでばこのなかのキルル 作・絵:松成 真理子
出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2010年09月
ISBN:9784592761433
評価スコア 4.59
評価ランキング 3,759
みんなの声 総数 21
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • じわっといいです

    • わにぼうさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子7歳、男の子3歳

    ずっと机の引き出しにいれたままだった
    おじいちゃんがくれた藁で編んだふでばこ。

    キルルキルルって小さな声に気づいてみつけた
    へんてこな生き物。

    赤い目玉で、キルルって鳴く、トカゲみたいな生き物。
    大きなあくびをした後で、小さな火を吹いたので、
    もしかして・・・龍?ってぼくは思います。

    でも、図鑑の龍は「珠をもっている」のに、キルルは持っていない。

    ふでばこをくれたおじいちゃんに、聞いてみたら。

    とかげじゃろ?

    おじいちゃんがそう言ったら、キルルが悲しそうに鳴いた。

    でも、このキルル。
    おじいちゃんとある約束をしていたために、
    ふでばこの中にいたんです。

    「50年経ったら思い出す」

    キルルとの出会い、そしてどうしてふでばこにいたのか。
    おじいちゃんは思い出して、泣きながら
    ぼくとキルルに話してくれます。

    「ぼく」が誰かにはなしているような、
    一人でつぶやいているような文体で、
    じんわりと染みるようなとってもいいお話でした。

    松成さんの「じいじのさくら山」も、ぐぐっときます。
    兄ちゃんが幼稚園生時代に読み聞かせをされたかたがいて、
    聞いていて、思わず泣きそうになりました。

    派手ではないけど、じわ〜っとします。

    ちょ〜っと疲れた大人にもいいかもしれません。

    掲載日:2010/10/20

    参考になりました
    感謝
    4
  • 何度も読み返して

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    キルルってなんだろう・・・?どうして筆箱の中に住んでるの・・?
    なぜ時々真珠のネックレスの上で寝たりするの・・?
    男の子のつぶやきのようにこのお話は、語られます
    50年前の約束を思い出したおじいちゃんによって、キルルとの出会いがわかり、そして別れが近いことも知ることに・・・

    手のひらに乗せただけで、言葉が伝わってくるって、どんな感じなんでしょうか・・・
    現代のなんでも見たもの聞いたものが優先されている私たちには、感じ取れないのではないかしら

    そんなことを思いながら、何度も読み返していくうちに、キルルの心が伝わってきました
    なぜ真珠のネックレスが恋しかったのか・・・・
    キルルの思い、男の子の思いがわかりかけてくると、すべてを言葉に表さなくとも、読み手に作者の思いを伝えてしまう松成ワールドのすごさにまた感動した絵本となりました
    優しいタッチの絵とともに癒されること間違いなしです

    掲載日:2010/12/05

    参考になりました
    感謝
    2
  • 筆箱を持っている娘に

    春から小学校にあがった娘は、ランドセルの中にいつでも筆箱を
    入れて学校に通います。そんな娘がきっと楽しめるのではないかな?と
    思ってこの絵本を読みました。
    じぃんとしちゃった。ちいさいキルル、静かだけれど、物語は
    とっても壮大で満天の星空や、長い長い時の流れが見えるようでした。
    ときどきちいさな火をふく、キルルに私も会いたいなあと思うけれど、
    本当に困った時にしか会えないのだろうから、会えなくていいのかも
    しれません。
    一緒にこの絵本を読んだ娘も、キルルのことを50年経っても忘れません
    ように。ときどきは筆箱の中をのぞいてくれますように。

    掲載日:2013/07/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 思い続けること

    読み終わって、心がじーんとしました。
    おじいちゃんとキルルの出会い、約束。
    そしてキルルとの別れなど、温かくて、切なくて・・・


    ファンタジーなんだけど、現実的。
    本当にこんなことがありそうと、思えます。


    夜空の描写など、まるで詩のように素敵な文章です。

    掲載日:2011/10/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 何か「居る」って、楽しい♪

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    松成さんの絵本は
    おじいちゃんとの関わりが多く
    いつも、じ〜んと心に沁みます

    「キルル」というネーミングもなんか惹きつけます

    キルルと一緒にいたいと考えますが
    でも、キルルのことを考える
    キルルにとって、1番いいことって・・・

    カラフルな帽子を被ったおじいちゃんに
    気付くの遅いよ〜と、つっこみを入れたくなりますが(^^ゞ

    私も何もしなくていいから
    筆箱?きれいな箱がいいかな?
    に、素敵なキルルが入っててほしくなりました

    掲載日:2010/12/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 手乗りりゅう

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子3歳

    わらであんだふでばこのなかに小さなりゅう。
    これだけで魅かれました。

    おもしろくて笑える絵本ではありません。
    松成さんの他の作品を知っていたので
    何となく心にしみる系統だろうと察しはつきました。

    おじいちゃんが50年も忘れていた約束。

    キルルは何にも言わないで
    おじいちゃんの涙をひとつ
    もらって消えてしまった。

    「またどこかでだれかの願いを
    叶えているのだろうか?」

    そのとおりだろうと私は思いました。
    キルルは図鑑の竜のように大きくならず
    チワワみたいな存在で
    人に寄り添って暮す愛くるしい竜なんではないかと。

    掲載日:2010/11/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • 真摯

    真摯に見つめる主人公のまなざしの描き方が素敵だったのでこの絵本を選びました。主人公が竜との出会いを通してお爺ちゃんとの竜との関係も知っていく場面が余暇他です。竜の可愛らしい表情が心に残りました。淡い感じの雰囲気が主人公の心の中を表現しているようで気に入りました。

    掲載日:2010/10/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大事な気持ちを思い出す

    当時5歳の息子に読んだのだが、自分が泣いてしまって困った作品・・。
    大事な気持ちを思い出します。

    ものすごく大事なことなのに、ついうっかり忘れてしまっていること、ありますね。
    それを子どもとの会話でふっと気付かされることが、僕にもあったのです。

    おじいちゃんと孫、という関係の距離感もとてもよいです。
    我が家のおじいちゃんは二人とももう亡くなってしまったので、子どもたちとこういうふれあいの機会がもう持てないことも、このお話しから個人的に強く切なさを感じる理由かもしれません。

    掲載日:2015/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 題名にひかれて読みました。

    • お豆腐さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子7歳

    小学生(だと思われる)ぼく、のお部屋の様子がとても好きです。たくさん並んだ本、木の色の机。 そしてそれとは違って、ちょっと派手めなおじいちゃんのお部屋、帽子がまた個性的でいいなと思いました。

    おじいちゃんの昔した冒険話、キルルを思い出してよかったです。ずっとふでばこの中で待っていたキルルがかわいいです。

    掲載日:2014/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • じんわりと余韻が残る

    図書館でオススメの本として紹介されていたので、気になって読んでみました。
    おじいちゃんのふでばこの中にいた、へんてこないきものキルル。男の子と小さなりゅうの出会いと別れが描かれています。
    やさしい色使いなのに、とても力強い不思議な絵。ちょっぴり切ないストーリーと共に、独特の世界が広がっていました。じんわりと余韻が残る絵本です。

    掲載日:2014/03/18

    参考になりました
    感謝
    0

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / よるくま / ぼくのまちをつくろう!

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.59)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット