ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ベッツィーとテイシイ」 みんなの声

ベッツィーとテイシイ 作:モード・ハート・ラブレイス
訳:恩地三保子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,262+税
発行日:1992年11月
ISBN:9784834011500
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
「ベッツィーとテイシイ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 友だちっていいなあ

    お友だちがほしかったベッツィーのお向かいにテイシイの一家が引っ越して来ました。

    子どもたちが親しくなるまで、相手が恥ずかしがり屋だとそう簡単にはいかないものなのかもしれませんが、でも仲良しになってしまえばあっという間に深まってしまうものなのかもしれないなあと思いました。

    大家族の時代には、家族の誰かが亡くなるということも自然な流れの中で受け入れられていくものなのかなと、さらっとそんなことが出てくる辺りに驚きを感じました。

    二人が小学校に上がるところも描かれているので小学一年生ぐらいのお子さんに読み聞かせするのにちょうどよさそうな内容だと思います。

    主人公が女の子なので女の子の方が共感できそうなお話かもしれません。

    息子が三年生なのでもう少し早く読み聞かせできたらよかったのにと思いました。

    大人もアンテナを張っておいて子どもが適切な年齢に児童書に出会えるようにしてあげられたらといいのにと思いました。

    絵が山脇百合子さんなので、子どもたちも親しみを持って迎えてくれそうな児童書だと思います。

    読んでいると友だちっていいものだなと思えます。

    また、子どもの遊びに大人がまじめに相手をしてくれる辺りもいいなあと思いました。

    掲載日:2010/07/18

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット