モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

ねずみ石」 みんなの声

ねずみ石 出版社:光文社
本体価格:\1,600+税
発行日:2009年09月
ISBN:9784334926816
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
「ねずみ石」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ハラハラドキドキ、お薦めの1冊!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    中3の上の子の朝読用に図書館で見つくろってきました。
    実は、最近親子でハマっている「大崎梢」さんの作品です。
    大崎梢さんは、「配達赤ずきん」という本屋の店員が主人公の推理小説でデビュー。このシリーズも何冊か出ていて、最高に面白いのですが、まずは、こちら「ねずみ石」から紹介したいです。
    小学校高学年以上、中高生〜大人まで、ぐいぐい引き込まれる面白さがあります。それでいて、ちゃんと目線は主人公の中学1年の男の子なんです。

    中学生ならではの、大人っぽい考え方になっていく感じや、どこかすると子どもっぽい感性や行動が、同年代の子どもたちの共感を呼びそうな気がします。
    小さな村の祭りに起きた殺人事件にまつわるミステリーなので、ミステリー好きには特にお薦めしたいですね。

    この作品で特にすごいな。と感じるのは、小さな村の歴史や人間関係。脇役に至るまで1人1人の立場や性格が、無理なくしっかりと描かれているところでした。
    まるで、パズルがハマるように解決へと向かって動いていく物語だな〜と、思いました。
    すごくお薦めです。

    掲載日:2010/07/20

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット