だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

えほん ひとのこころをもったいぬ」 みんなの声

えほん ひとのこころをもったいぬ 作:えんどうはつえ
絵:ひだかやすし
出版社:ハート出版
本体価格:\1,200+税
発行日:2001年09月07日
ISBN:9784892952555
評価スコア 4
評価ランキング 20,264
みんなの声 総数 2
「えほん ひとのこころをもったいぬ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 感動しました

    野犬のボスから飼い犬になったお話ですが、とても感動しました。人間を信じてみようと太郎の人間を信じてみようとする気持ちと、その気持ちにさせた、はつえさんに感動しました。飼い主にかわいがられた犬は、飼い主にかならず、恩を感じているとおもいます。野犬にさせた人間が悪いのに、野犬は、餌がないので、食べ物をあさったりして暮らしていかなければいけないので大変。統率力のある、面倒見のあるいぬだなあ。人間も、上にたつ人は、そういう人がいいなあ。
    この太郎から、学ぶことがいっぱいです。

    掲載日:2008/06/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 野犬と人間の心のふれあい

     野犬狩りの人間に追われて人間不信になっているボスが人間に心を開いて飼い犬になるまでの物語です。
     最後の「次郎長犬の由来」を読んでからもう一度読み返すとまた違った思いが湧いてきました。
     静岡県の日本平(元・清水市)が舞台のお話です。

    掲載日:2003/05/19

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット