おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

うがいライオン」 みんなの声

うがいライオン 作:ねじめ 正一
絵:長谷川 義史
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2010年07月
ISBN:9784790252146
評価スコア 4.39
評価ランキング 9,588
みんなの声 総数 22
「うがいライオン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • ★自分らしさを考えてみよう★

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子3歳

    レビューを書きたくて、でも書くまでに時間がかかりました。
    何度も読み返しました。
    ページをめくり読むたびに
    「うんうん」「へぇー」「あらー」「あーーー」
    と相槌をうってしまう絵本です。

    「強い」ライオンも時々「かわいい」と思われたいけど
    やっぱり自分は「ライオンらしく」いなくちゃと思ってしまう。
    私も似たところがあります。

    大人だから大人らしく、ママだからママらしく、
    社会人らしく、女らしく。
    人もライオンも「自分らしさ」があって
    「私」「自分」でいるんだなと。
    伝えるのが難しいけど
    子供にも大人にも読んで感じることがある一冊です。

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • ライオンもたいへんなのね

    • わにぼうさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子7歳、男の子3歳

    うがいライオンというタイトルにひかれた私。

    ライオンって、うがいするの??

    百獣の王だからって「かっこいい」ばっかでいいの?
    たまには「笑わせて」みたくなって、
    わざと、すってんころりんと滑ってみせたライオン君。

    でも、「あしこし弱ってると思われたくない」とか
    「オレ、それでいいの?ライオンだよ?」って反省して
    「ライオンらしさ」を取り戻そうと、
    ガオー!!ってほえ続けて、みんなを「あとずさり」させるライオン。

    でも、そのせいでのどがかれてきて・・・
    「うがい」したくなるけど、うがいをしたら「ライオンらしくない」と
    檻のすみっこで、人がいないのを何度も確認して・・・


    ひっくり返った姿でがらがらうがいするライオン(笑)

    いや〜、ねじめ正一さんが巻頭で
    「自分らしさ」と書いている部分を読んでみると
    もっと面白くなりました。

    そうだよね、「◎◎さんてこうよね」っていうイメージ通りに
    いることは窮屈だけど、「意外と△△なのね」って言われるのも
    ちょっとドキドキしてしまう。

    私もこっそり「うがい」しなくちゃダメかな(笑)

    掲載日:2010/09/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 不思議なかんじ?

    小学校の朝の読み聞かせの時間に読みました。

    子ども達は、話がどう進むんだろうって、
    不思議そうな顔で見守っていました。

    ねじめさんの文章が面白くって、
    長谷川さんの絵が迫力があって、
    楽しい本です。

    そうそう、って大人ほど理解できるのかもしれませんね。

    掲載日:2016/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分らしく

    ねじめさんの文章が大好きです。
    この本もとても良かったです。
    このライオンにとっての自分らしさってなんだろうって思いました。
    息子はガオーガオーと吠えるシーンが好きです。
    イラストもとてもマッチしていました。

    掲載日:2016/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 百獣の王として

    • ヤキングさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子11歳、女の子6歳

    百獣の王、ライオンとして、たまにはお茶目な姿を見せてみたくなりますが、
    いやいや、でも自分は百獣の王!と威厳を見せて、
    動物園のライオンはとても悩ましい。

    自分の中にある個性。
    他人が認める自分の個性。
    それがイコールで結びついていればいいですが、そうでないときは・・・
    期待にこたえようと無理をすることも、時にあります。

    文字数は少ないですが、そんなことを、ユーモアたっぷりに改めて教えてくれる、絵本です。

    掲載日:2015/05/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ライオンの心の中

    「百獣の王」ライオンの揺れる気持ちが、笑えるお話でした。
    みんなのイメージは保ちたい・・・でもでも、笑わせたい!!
    これは両極端の願いですから、大変ですよねー。
    隠れてうがいをする姿に、ちょっぴり切なさも感じたりしました。
    ライオンだって、いつも強そうにしていなくてもいいのにね。

    掲載日:2014/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • じぶんらしさとは

    5歳の息子たちと一緒に読みました。長谷川義文さんの絵が大好きで読みました。勝手にタイトルだけで楽しい絵本なのかなと思って読んだのですがいやいや、自分らしさというのを考えさせられる絵本で驚きました。息子たちにはそこまで深く伝わらなかったみたいですが。でも絵も大きくて大胆な書き方で私は好きです。大人が考えさせられる絵本ではないでしょうか?

    掲載日:2014/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねじめ節の世界です

    ねじめさんの自作の詩の朗読を聞いたことがありますが、区切れのない訥々とした、不思議な世界を作っていらっしゃいました。
    この『うがいライオン』はねじめさんの詩なので、あまり理屈を考えず、読んでいくのが良いと思うのですが、それを邪魔するのは長谷川さんの絵。
    詩を読もうとする私が、思わず笑い出したくなるような面白さ。
    あっさりと読み終えてしまっては申し訳ないではないですか。
    そんなわけで、一遍朗読してから、絵を楽しむことにしました。

    掲載日:2014/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ライオンらしさ

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子19歳、男の子17歳

    少しふざけた題名に惹かれて手に取りました。
    動物園のライオンの様子を活写しているのですが、
    その解釈が面白いです。
    常にライオンらしさを求められるゆえ、たまにはハメを外すけれど、
    やっぱりライオンらしさが気になって、と、ライオンの葛藤を描きます。
    その果てが、うがいという訳なんですね。
    でも何となく、共感してしまいます。
    なかなか哲学的なテーマだと思いませんか?
    自己レッテルとの葛藤。
    幼稚園児以上くらいからとありましたが、むしろ小学生以上くらいからの方が
    この作品の面白さが理解できるのではないでしょうか。

    掲載日:2013/09/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気難しいライオン

    この絵本のライオン、とっても気難しい感じでした。強く見せたいのかそうでないのかはっきりしない感じで、なんかとっても子供っぽかったです。ライオンがああでもないこうでもないって考えながら右往左往する姿がとっても愛らしかったです。

    掲載日:2012/11/12

    参考になりました
    感謝
    0

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / きらいさ きらい / だるまだ!

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!
  • わすれもの
    わすれもの
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ぼく、ここでまってなきゃ。 切なくてあたたかい、ちいさな「わすれもの」の気持ち。


魔法のぐっすり絵本『おやすみ、ロジャー』第2弾!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット