しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

きこえる きこえる」 みんなの声

きこえる きこえる 作:マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵:レナード・ワイズガード
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1998年
ISBN:9784338126052
評価スコア 4.46
評価ランキング 7,334
みんなの声 総数 12
「きこえる きこえる」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 色がとても綺麗です

    黒・赤・黄・白 と、はっきりした色合いが美しくて
    私が一目で気に入ってしまいました。

    子供も、想像しながら楽しんでいるようで
    後半部分になると、自分でどんどんページをめくって
    次を見たがります。
    結果はもう知っているのですが、それでも毎回
    後半部分は自分で!自分でめくる!と、次の絵を
    楽しんでいます。

    掲載日:2010/09/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 耳を澄ますと

    目にゴミが入ってしまってほうたいを巻いてもらった子犬のマフィンは、目が見えないので、普段は意識しない音が気になりはじめます。
    聞こえてくるいろんな音から、どんなものかを想像していきます。
    読みながら、普段、耳を澄まして音を意識するということを、案外していないなと気がつきました。
    時には目をつぶって、普段聞き逃している音たちを聞く時間も大切かもしれません。

    掲載日:2015/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な音のつまった絵本

    2歳8ヶ月の息子と読みました。
    目に包帯をしているマフィンが色々な音と出会うのですが、
    自分がまるでマフィンになったような気持ちになる絵本です。
    「チックタク、チックタク、リリーン」と色々な音を私が読むと
    息子は「ん?何?」と不思議そう。
    知らない音、知っている音、色々な音が出てきて、この絵本を読んだ後は音に敏感になります。
    物語の途中から、キュキュキュという小さな音が何の音かを当てる話へ。なんだろう?マフィンどこにいるんだろう?と読み進めると、
    なんとも不思議な結末に。
    私には、この結末がさっぱり分からなくて、ここで終わり?と思うのです。なんとも不思議な気持ちで読み終わりました。

    掲載日:2012/07/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 鮮やか

    「耳で聴く絵本」です。
    目に包帯を巻いた犬のマフィンの耳にいろんな音が聴こえてくる
    絵本なのです。
    だけど絵本に描かれている絵の鮮やかにはっとなります。
    視覚に頼らず、耳だけで聴くということは、こんなにも鮮やかなものだった
    のかと気づかされるのです。

    キュッキュッキュッの音が何の音なのか、娘といろいろ想像しながら
    読みました。ふたりとも外れました(笑)。
    耳だけを使う、目だけを使う、指だけを使う、舌だけを使う・・
    普段総合的に体全体を使って判断していることも、一ヶ所だけで
    感じてみるということも想像力が豊かにもなって、体の機能も研ぎすまされて
    素敵なことなのだなあって思いました。
    娘といろんな音を出し合って「なんの音か」あてっこクイズもしてみました。

    掲載日:2012/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 音の世界

    表紙の絵が色鮮やかで図書館で目に留まり、借りてみました。
    中もカラフルできれいな絵です。

    目を閉じて感じる音の世界を描いた絵本で、普段意識しない音を文字にして読んでみると、なんだか不思議な感覚になります。
    寝る前にの読み聞かせで、目をつぶって音を感じながら寝るのが今の娘のお気に入りです。

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • マフィンの絵が微妙に変化してます。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    これは、しいて言うと「きえる きえる」シリーズでしょうか?
    犬のマフィン(主人公)を案内役に、私たち読者は、色々な物の音を感じ取っていくことができます。
    それにしても、マーガレット・ワイズ・ブラウンのイラストの手法は素晴らしいです!!
    ハッキリした色や線の中に、一匹だけ対照的に、黒いモフモフのマフィンが目立っていました。
    マフィンの姿が描く巻で微妙に違いますが、
    私はこの巻に描かれているマフィンが一番可愛いです。

    掲載日:2010/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 音の世界

    子犬の目が見えなくなって子犬が音の世界に入り込みます。
    そしてこの音はなにかな?って犬が想像するのにあわせて子供も何かな?って質問をしてとっても楽しそうにしていました。

    掲載日:2010/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像する楽しさ

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    3年生に読み聞かせをしました。
    途中で何の音が当ててもらいました。
    みんな元気よく答えてくれました。
    電話の音が、リーン、リリーンと書いてあるのですが、当ててくれた子がいました。

    音楽会が近いので、音を聞き分ける楽しい絵本で盛り上がりました。
    同じ電話でも、それぞれが頭の中では違った形を想像しているので面白かったです。
    最後の人形は誰もわかりませんでした。それも良かったです。

    大勢で読んでも楽しめる絵本です。
    早速、借りていった子どもがいました。
    嬉しかったです。

    掲載日:2009/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱり名作☆

    ストーリーのある物の方が好きな方は、
    まず あまり選択しない絵本でしょうが
    世界的に名作という物は、やっぱり魅力があるんです。

    ついつい、ページをめくってしまう・・・

    絵が シンプルだからこそ 想像がふくらむ☆
    絵の彩色も、鮮やかだけど 最小限。

    語りかけの言葉も 魅力的なんです☆
    説明はいらない。
    読み手が、想像できるように。。。

    だから、また 読みたくなる、開きたくなる一冊なんです^^☆

    購入に迷ったら、図書館などでお子さんの反応を見てもいいかも?

    掲載日:2007/06/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 音が見える

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子13歳、男の子10歳

    おなじみ子犬のマフィンの感じた世界。
    目にごみが入って、治療のため包帯を巻いたマフィン。
    見えなくても、ほら、いろんな音が聞こえてくるでしょう?
    マフィンの視覚の中とは対照的にシンプルでカラフルな絵が
    リズミカルに画面に登場します。
    きっとマフィンもいろんな音が見えていたに違いありません。
    それにしても、「キュッキュッキュッ」から広がる
    イメージがすごいですね。
    マフィンの絵のタッチが画面の他のものと違っていて、
    かわいらしさがくっきりと浮かび上がっています。
    私も何回かアイマスク体験をしたことがあります。
    自然観察会で、バリアフリー体験で。
    確かに、視力以外の感性を研ぎ澄ますには最適です。
    「1940年代アメリカで大ヒットした
    子どもの感覚を大切にした絵本」
    の評に納得です。

    掲載日:2006/10/03

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.46)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット