だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

チャッピィの家」 みんなの声

チャッピィの家 作:いまい あやの
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2010年08月
ISBN:9784776404200
評価スコア 4.59
評価ランキング 3,702
みんなの声 総数 50
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

50件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 家族愛

    • クリ先生さん
    • 40代
    • せんせい
    • 新潟県
    • 男の子17歳、女の子14歳

    初めて、私がいまいあやのさんの作品を手にしたのは、108ぴきめのひつじでした。それ以来大ファンとなりました。もちろんすべての絵本を購入。内容と絵の世界観と最後はほっこりするなんとも素敵な絵本。
    中でも自分の居場所を探しに出る主人公、さまざまな出会いの中最後の結末に暖かな気持ちにさせてくれます。何が幸せなのかを今一度再確認させてくれるそんな絵本です。また弱い動物を思いやる気持ちも子供たちはこの絵本を通して感じてくれていました。優しい気持ちを育てるこの絵本をたくさんの人に読んでほしいと思います。

    掲載日:2016/02/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 犬小屋を持ち上げ二本足で歩く姿に大笑い

     新聞紙上でこの作品を知り読みました。
     2006年ボローニャ国際絵本原画展に入選。
     翌年に英語版(いまい先生が文も担当)・ドイツ語版、さらにフランス・オランダ・ギリシャでも出版。
     今年満を持して、日本で出版となった作品だそうです。
     タイトルの主人公のワンちゃんの名も、海外では商標登録の関係でチャッピィと使えなかったとか。
     このチャッピィには、実際にモデル犬がいたとの事です。

     ストーリーは、最近あまりかまってもらえなくなったチャッピィが家出をするお話。
     外の世界に飛び出して、たくさんのものを見て触れて、自分の居場所がどこにもないと悲嘆にくれているところに・・・。

     チャッピィのキャラクターが愉快で可愛らしい。
     特に、家出を決めて、犬小屋を持ち上げ二本足で歩くチャッピィには大笑いしました。
     淡い色使いの中、画面に広がるユーモアたっぷりの絵が優しくて可愛らしい。

     この頃ペットのお世話を忘れがちなお子さんに、勧めてみるのも良いかもしれません。

    掲載日:2010/10/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 犬の気持ちと家族愛

    表紙をめくったら、裏表紙には、
    いろんな犬が犬小屋を抱えて、2本足で歩いている絵です。
    犬のプチ家出のお話でしょうか。
    各ページの絵はチャッピィの気持ちや飼い主家族の様子、
    気持ちが伝わってくるようです。
    チャッピィの気持ちは私たち人間も同じのような気がします。
    居心地のいい場所を求めて、
    いろんなところに行ってみるけど、
    家族の愛に気がつく。。
    大人の私が読んでも 心に残る作品でした。

    掲載日:2016/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱり家族と一緒が心地いいな♪

    チャッピィのような気持ちになること、
    みんな一度はあるのではないでしょうか?

    今いるところよりも、もっと良いところが
    あるんじゃないかな???って。

    でも、やっぱり家族と一緒が一番心地いいんですよね〜♪

    最初はちょっとせつないけど、最後はとても心温まり、
    「家族って、いいな♪」と思います。

    かわいいチャッピィと一緒に、家族について
    いろいろ考えることができる素敵な作品です☆

    掲載日:2016/03/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 居場所☆

    いることが当たり前になってしまい、大切にする気持ちを少し忘れてしまったチャッピィの家族。家出をしてみてお互い初めて本当に大切な家族や居場所が分かったのですね。切ない気持ちに共感するとともに優しい気持ちにも気付くことができる素敵なお話でした。
    絵も繊細で優しい色彩が美しかったです。

    掲載日:2016/03/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 犬の気持ち

    なんだか胸がキューっとせつなくなりました。いまいさんの優しい絵がチャッピィの心情を鮮明に表現していて、心奪われます。チャッピィが家出をするときに、自分のハウスを持ってでているのがちょっと笑ってしまいました(笑)犬も犬なりにいろんな感情を抱いていて、家出したくもなるのかなぁ〜と思わされました(笑)

    掲載日:2016/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 家でほっこり

    2歳の息子に読み聞かせしました。
    いまいあやのさんの幻想的なイラストが堪能できる絵本。
    息子は開いてすぐの、動物が家を持っているイラストが特に気に入っているようで、この犬の家は○○で‥。
    と、自分の想像の話をしてくれます。
    でも全部犬だそうです。

    鳥の家のシーンでは、空いてる家があるからそこに住めばいいのにねー。と。

    最後のみんなが待ってくれている自分の家を見て、息子も自分の家が一番いいね、と言ってくれます。

    家のあたたかさがいまいさんの美しいイラストでつづられる、とてもほっこりする絵本です。

    掲載日:2016/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大切な事

    • くっくさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    チャッピ-(犬)も人も、家族を選べない。
    だからこそ、今を大切にしなくちゃいけないなぁって思いました。
    忘れかけてた、当たり前のことを思い出させてくれる絵本です。

    チャッピ−は、子犬の時この家族と出逢いました。
    でも時がたつに連れ、みんな忙しくチャッピ−の事しらない顔。
    子供も、「チャッピ-かわいそうだね。さびしそうだね。」と…。
    チャッピ−は、家を出て行く決意をしました。
    でもどこに行っても、自分の居場所がなくて…。
    最後に辿り着く場所は、子犬の時に今の家族に出会った場所。

    大好きな家族が自分の事を心配して、探してくれている事を知り、家に戻るチャッピ−。
    その後のチャッピ−は、とても幸せそうでした。
    子供が、
    「チャッピ−良かったね。またみんな幸せになれるね。」
    「家族はみんな一緒がいいね。誰ひとりかけちゃだめだね。」と…。

    家族の大切さをチャッピ−に教えられた絵本です。
    少したってから、また子供に読みたい絵本です。

    掲載日:2016/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が素敵

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子3歳、女の子1歳

    3歳5カ月の息子に図書館で借りて読んであげました。

    他の絵本同様、絵がとても繊細で素敵ですね。
    お話の内容はとてもシンプルで分かり易いです。
    チャッピィが自分の小屋を持って、家出をする姿が何とも可愛らしかったです。

    息子の反応はというと、2回読んだだけで、その後読んで欲しいと持ってくることはありませんでした。

    掲載日:2016/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分の居場所

    自分の居場所を求めてさまようチャッピィの姿が切ないのですが、おうちを小脇に抱えているビジュアルにクスリと笑ってしまいます。
    自分を受け入れてくれる場所がなかなか見つからない、見つかったけれどもなんだか居心地が悪い。4歳の息子にはまだまだ早い話かもしれませんが、自分の居場所をさがすチャッピィは一歩大人になろうとしている我が子の姿のようにも思えました。
    一番居心地の良い我が家を守りつつ、いつかは息子も自分の居場所を見つけるために巣立っていくのだななんてことを考えさせてくれた絵本です。

    掲載日:2016/03/02

    参考になりました
    感謝
    0

50件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

全ページためしよみ
年齢別絵本セット