なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

BOOKS POOKA まいごのしろくま」 みんなの声

BOOKS POOKA まいごのしろくま 作・絵:アンドレ・ダーハン
訳:角田 光代
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2010年08月
ISBN:9784052033223
評価スコア 4.14
評価ランキング 17,177
みんなの声 総数 6
「BOOKS POOKA まいごのしろくま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 邦訳

    アンドレ・ダーハンさんの作品で角田さんの邦訳だったのでこの絵本を選びました。美しい絵にうっとりしました。氷の美しさとは裏腹に大自然の恐ろしさを感じられる絵本でした。今実際に迫っている地球の危機についても考えさせられるのが良いと思いました。親が子を思う気持ちの深さと大きさに感動しました。

    掲載日:2010/09/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • 考えさせれられました

    このお話は、しろくまの家族が自分たちが安心して暮らせる氷を探して頑張っているお話でした。本当に氷が解けてきているので、この絵本のお話は絵本のはなしの範囲を超えて、本当のしろくまの事を考えさせられました。自分たちの生活をちょっと見直そうかな〜って思いました。

    掲載日:2015/08/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 伝えたいものは…

    厳しい自然の中で生きているしろくま、愛情いっぱいの家族に訪れた危機に、胸が痛くなりました。
    氷が割れ、どんどん小さくなっていく、もう子どもしか乗ることはできないから、子どもを乗せ、大きな氷を探しにいった親ぐまでした。でもなかなか戻ってきません。子どものためにおかれた食べ物もなくなってしまいました。とうとう力尽きて海に落ちていくこぐまくん。
    最後に、私たちにかけられたひと言にハッとさせられます。
    アンドレ・ダーハンの絵には、優しさがあふれているので大好きです。

    掲載日:2014/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 温暖化がテーマ

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子6歳、男の子4歳

    表紙の雰囲気とは違い、幸せなしろくまの家族の日常からお話が始まりました。
    どんな展開になるのかと読み進めると、環境問題について考える絵本だと気づきました。
    直接的には書いてありません。人間が悪いとか、温暖化がどうとか。だけど、氷がなくなり、しろくまの家族がバラバラになり、一人残された子グマの寂しさを思うと、子供たちもそれぞれに何かを感じるのではないかと思います。
    まだ園児の息子たちには伝わったようで伝わっていないかなという気がしますが、小学生以上の子供たちには、考えるきっかけになることと思います。

    掲載日:2012/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 環境問題?

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子18歳

    しろくまパパママはやさしいです

    あかちゃんあざらしたちもとてもやさしいです

    おほしさまのつながったリボンにぶらさがって
    パパママに会えてよかった!

    どうして、まいごになっちゃったのか?

    原因は?

    で、人間の出来ることは?

    という、訴えが伺えます

    やさしい色使いが素敵です
    ママくまがおさかなを肩に掛けて
    にこにこしている姿が素敵です
    魚も目がクリクリしていて、いいです!

    掲載日:2010/10/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が味わい深い

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    但し書に、人気絵本作家のアンドレ・ダーハンとありましたが、初めて読む作家でした。

    設定場所は、おそらく北極。
    主人公は、白熊の両親と小熊で、何と氷が崩れて棲家を追われてしまいます。
    そこで、親熊が大きな氷を探しに行くというストーリーなのですが、今の温暖化という環境問題に切り込んだ作品と言えそうです。

    後半では、何故か幸運のお星様が登場して、溺れた小熊を助けるといったシーンがあり、一貫性のなさが気になるところです。
    とは言え、絵自体が絵本らしい絵なので、全体を通して飽きることなく読み聞かせ出来る作品だと思います。

    小熊が危機に陥る場面には、我が身に置き換えて聞き入る子も多いことではないでしょうか?
    環境問題を考えることでも、活用できる絵本としてオススメします。

    掲載日:2010/08/30

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット