あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

ひとりぼっちのくうくう」 みんなの声

ひとりぼっちのくうくう 作:杉田 比呂美
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2010年06月
ISBN:9784338180375
評価スコア 4.17
評価ランキング 16,696
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大切なぬいぐるみ

    小さな子供にとってのぬいぐるみは、きっと心のお友達になっているのでしょう。
    無くしたときのショックと言ったら、言葉にならないほどだと思います。
    探している間、こんな気持ちで待っていてくれているのかな?と想像がふくらみました。
    見つけてもらえて、本当に良かったね。

    掲載日:2015/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • あるとき目覚めたら…

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    ともちゃんとくまのくうくうはいつもいっしょ。
    ですが、あるとき目覚めたらともちゃんがいません。
    このまま終わるということはないだろうけど早くともちゃんに会えるといいなと思いながら読みました。
    しっかりハッピーエンドです。
    今後も仲良くね。

    掲載日:2014/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛すべきくまさん。

    「くうくう、本当に人形でおったら、気持ちよくていいなぁ」と息子が言うのが 
    よくわかる可愛いくまさんでした。
    ともすれば、悲しい感じになってもおかしくない展開なのに、とぼけた?愛らしい くうくうのおかげで ところどころくすっと笑えるところが好きです。

    掲載日:2013/10/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • とっても沁みました

    ぬいぐるみ目線のお話です。

    いつも一緒にいる女の子とはぐれてしまい、

    そこからぬいぐるみ目線でいろんな出来事が起きます。

    読んでいて、とっても切なくなりました。

    落としていった女の子は気付いてくれるのか、

    そこが読んでいて、ずっと気になりました。

    外が真っ暗になっていき、

    『せなかがひんやりしてきました』という文章で

    ぬいぐるみの気持ちがぐっと伝わってきました。

    何でこんな切ない話・・・と思いましたが、

    最後まで読んで、このお話の意味が分かった気がします。

    掲載日:2012/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分のおもちゃがこんなことになったら

     ともちゃんと仲良しのクマのぬいぐるみのくうくう。
     ふたりはいつも一緒だったのですが・・・。
     今日はどうしたことか、一人クローバーの原っぱに仰向けに倒れたままのくうくう。 
     ここから、くうくうは動きません。
     くうくうの近くにやって来ることりさんや人間はいますが、空に一番星が輝く時間になっても、ともちゃんはやって来ません。
     じっと動かないくうくうを見て、お子さんたちはきっと心動かされることでしょう。
     大切な自分のおもちゃがこんな悲しいことになったら・・・と。
     真っ暗な原っぱに、くうくう救出の明かりが・・・。
     ともちゃんも良かったですね。

    掲載日:2010/08/25

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット