しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ケマコシネカムイ」 みんなの声

ケマコシネカムイ 作:藤村久和
絵:手島 圭三郎
出版社:絵本塾出版 絵本塾出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2010年06月
ISBN:9784904716076
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,274
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • きつねの神さまの失敗談!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    四宅ヤエさんの語りを、アイヌ昔話を藤村和久さんが文章にした≪神々の物語≫シリーズです。

    この神さまの話になると、もうすごく人間臭くて、神という名のもとに欲望があからさまで、びっくりしました。
    でも、きつねって、なんか好きなんです〜ぅ。
    この表紙の白ぎつね後ろ姿ときたら、たまりません!!
    で、「キタキツネ(ケマコシネカムイ)」も、アイヌの人にとっては身近な神さまだったようです。

    このお話のテンは悪くないのに、とんだとばっちりで、可愛そうに思えました。
    神さまの失敗談の昔話なんて、そうそうないので、ストーリー展開は結構面白かったです。
    読み聞かせに使うなら小学校高学年以上のお子さんにお薦めです。
    面白かったです。

    掲載日:2011/09/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • そうだったのですね。

    キタキツネの神様の語るお話です。
    この絵本を読んで,元は白キツネだったキタキツネが茶色になった理由がわかります。
    手島圭三郎さんのイラストが魅力的で,魚から血が出るイラストが不気味でもありました。それだけ素晴らしい木版画の表現です!
    このシリーズ,最後の主人公の言葉にメッセージがあります。

    掲載日:2015/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 神々しい姿ですが・・・

    表紙の白きつねを見て、
    なんて神々しい姿なのだろうと思いましたが・・・。

    この白きつねは、
    テンとマスを奪い合うあたり、なんだかちょっとおとな気がないのです。
    (神様なのに・・・)

    マスが引きちぎれる場面ではドキッとしましたが、
    結末が非常にすっきりとしていて、良かったです。

    このシリーズは教訓を伝えてくれますが、
    この巻はもっとも簡潔で分かりやすかったです。

    掲載日:2014/02/11

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット