なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

しょうぼうじどうしゃの あかい ねじ」 みんなの声

しょうぼうじどうしゃの あかい ねじ 作:たるいし まこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\390+税
発行日:2002年03月01日
評価スコア 4.44
評価ランキング 7,736
みんなの声 総数 8
「しょうぼうじどうしゃの あかい ねじ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ちょっとわかりにくい

    表紙には真っ赤な消防自動車。
    それだけでくるま好きの息子を持つ母としては期待が膨らみます。

    内容は消防自動車のねじをめぐるお話。
    消防自動車がつくられる過程とねじをめぐるお話がからみあっていて、大人でも読んでいてちょっとわかりにくいなぁ〜と思ってしまいました。

    そして、話が難しくても絵を見てくいつく息子ですが、こちらは1〜2回見ただけで見向きもしなくなってしまいました。
    そろそろのりもの絵本の卒業時期なのでしょうか?
    興味の対象が変わってきたのかもしれません。

    掲載日:2016/03/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人も楽しめる

    図書館に行った時に、息子が自分で選んで持ってきました。
    表紙の消防車がかっこいい。
    でも内容は子供が消防車作りの工場へ出かけ出来るまでの
    様子を見学する話。
    2歳の子には難しいかな?って思ったのですが、
    よーく話を聞いていまし、繰り返し読みました。

    細部まで細かく描かれているので、すごいです。
    消防車が始めは白いこと、白いまま組み立てて動きを
    検査すること、一度すべてバラしてから赤くぬることなど、
    内容も大人が見ても面白いです。

    掲載日:2013/01/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 社会科見学気分

    消防自動車の絵本といえば、
    消火活動を描いたものが多いと思います。
    ところがこの絵本は消防自動車の組立工場の様子を描かれており、
    切り口はかなり独特です。
    大人もへぇ〜と感じることの多い、面白い絵本です。

    掲載日:2011/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私も見に行きたい!

    消防自動車って、どうやって作られるのか?
    それを楽しく説明してくれる絵本です。

    主人公の男の子と女の子が、消防自動車を作る工場に遊びに行くんです。
    小さな一つの赤いネジ。
    それが消防車のどこにつかわれているのかを探るため、消防車が出来る過程を一つ一つ見学していきます。

    クルマが大好きな息子、へー、消防車ってこうやって作られるんだ!と夢中になってましたし、親の私も知らないことだったのでとても興味深く読みました。

    こんな工場見学、してみたいです!!

    掲載日:2008/10/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人も興味深く読める一冊

    消防自動車がどうやって出来るか最初から最後まで詳しく描かれていて、読んでいる私達も実際に工場見学をしているような気分になります。
    車好き・消防自動車好きには堪らない絵本なのではないでしょうか。
    車に興味がない子も女の子にも、楽しめるし勉強になる絵本だと思いました。
    大人の私も、大変勉強になりました。

    この絵本は、もう絶版になってしまっているようなので、大切に保存しておこうと思います。

    掲載日:2008/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 知らなかったなぁ〜、消防車のできるまで。

    • 1姫2太郎ママさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子14歳、男の子12歳、男の子 4歳

    働く車好きの4歳の息子。一通り有名どころの働く車系の絵本は読破!?済みですが、この絵本はそれらとは少し違っていました。さとし君の大事なたからものの消防車のネジ。このネジって何だろうとお友達のひかるちゃん。お父さんの工場に二人で見学に行き、どこに使われているネジなのか探求旅が始まります。親子でソレでソレでとイソイソと読み終えて、そうだったんだねー。今度工場見学、行ってみたいねー。
    と相成りました。是非、車好きの子、もう一歩進んでこんな絵本も手にしてみてはいかがでしょう。さすが、”かがくのとも”の絵本だなぁと感心した次第です。

    掲載日:2008/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんな風に出来るんだ〜!

    消防自動車が大好きな下の子の最近のお気に入りの本です。
    こんな風に車が出来上がってくるんだぁと読みました。
    「赤いねじはどこのねじだろうね」と下の子は真剣に見て
    探していました。
    上の子も面白かったようで
    「消防自動車が作られる所に行って見たいな」と言ってました。
    物を作る工程って大人でも興味深いですよね。
    楽しく読みました。
    工場見学に行っている気分で親子で楽しく読める
    絵本です。

    掲載日:2008/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 消防自動車好きの男の子必見!

    (2002.3のかがくのともでした。)

    うちの4才の息子、消防自動車が大好き。
    よく得意がって、「女の子は消防自動車を好きになっちゃいけない、どれみちゃんとかにすればいいんだ」
    とか言っていたんです(笑)
    何と、生意気な息子!
    そんな息子にぴったりの絵本でした。
    真っ赤な消防自動車が表紙になっていて、それだけで魅力充分でした。
    お話の内容は、ある日さとし君がひかるちゃんと言う女の子に赤いねじをあげることからはじまります。
    それは、消防自動車のねじであり、さとし君のお父さんは消防自動車を作る工場に勤めています。
    そして、そこに2人で見学に行きます。
    目線が子供向けなので、息子もお話を充分理解することが出来、大好きな消防自動車が作られる過程が良く分かったようです。
    女の子でも消防自動車を好きになって良いこと、この本は教えてくれました。
    読み終えたときには、息子の大好きな一冊になっていました。そして、このひかるちゃんは、作者自身だったこと読んでいて良く分かりました。

    掲載日:2003/05/22

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / でんしゃでいこう でんしゃでかえろう / ちいさなあなたへ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット