くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

のっぺらぼう」 みんなの声

のっぺらぼう 作:杉山 亮
絵:軽部武宏
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2010年07月
ISBN:9784591119426
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,844
みんなの声 総数 17
「のっぺらぼう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ドキドキ

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    5歳と3歳の子供に図書館で借りて、読んであげました。

    最近、上の子が気に入る絵本がなかなかなかったのですが、久しぶりに何度も読んでのリクエスト。
    ドキドキするけど、最後はホッとひと安心のお話し。
    3歳の下の子も楽しく聞くことが出来ました。
    他のお話しも読んでみたいです。

    掲載日:2017/12/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙から、ゾクゾク

    おばけや妖怪が大好きな息子です。この絵本、表紙の絵を見た私は読んでみたいと思いました。怖い雰囲気ですよね。

    中の絵も雰囲気がとても怖いです。それでもその中に少しほんわかした可愛らしい感じの絵であったりもします。

    引き込まれるような雰囲気のこの絵本が親子で気に入り、何度も読んでと言われています。他のシリーズも読んでみたいと思います。

    のっぺらぼうは知っていましたが、のっぺらぼうのお話は初めてだったので怖くもあり、素敵な絵本に出会えました。

    掲載日:2017/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • こわいよぉ〜

    男の子は、おかあさんに、
    「山に行って、たきぎをとってきておくれ。でも、それがすんだら、すぐに帰ってくるんだよ。山は暗くなると、こわいものが出るからね。」
    と言われ、山に出かけていきました。
    おしょうさんにも言われたのに、男の子ときたら、ついつい…
    やっぱり、出た出た、のっぺらぼう。
    ちょっと怖すぎます。
    逃げても逃げても次々に現れます。
    最後の最後まで、ドキドキ感は止まりません。
    さて、男の子は、のっぺらぼうの仲間になってしまうのでしょうか。
    迫力あるこの絵、かなり怖い…

    掲載日:2016/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怖い

    4歳の息子と読みました。
    色彩も雰囲気もちょっと和風な感じの怖い絵です。
    表紙、裏表紙の見返しの絵も怖い。
    昼間のおしょうさんものっぺらぼうだったのかな?
    息子はちょっと怖かったようで、1度しか読みませんでした。

    掲載日:2016/01/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ビクッ!

    怖い本好きの息子のリクエストで借りてきました。

    結構怖い。絵もなかなかの迫力です。
    大堂ストーリーですけども、やはり怖い。ラスト、一瞬、ビクッとしました。
    内容は書きませんけど、是非読んでヒヤッとしてほしいです。

    掲載日:2015/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息をのんだラストシーン

    言われたことを忘れてしまって、のっぺらぼうに遭遇した男の子。
    いきなり目鼻のない顔を見たら、本当に怖いと思います。
    絵といい、怖さをあおる怪談絵本。
    会う人会う人のっぺらぼうで、お寺の和尚さんものっぺらぼうだったら…。
    怖さが高まっていく絵本ですが、最後のページを開く緊張感はたまりません。
    ネタバレで書いてしまうと、この絵本の価値がなくなってしまうような気がして、誰にも言えない怖さの絵本だと思います。

    掲載日:2015/08/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 約束は守ろうね

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、男の子2歳

    はじめ,5歳の息子が一人で読み始めていましたが,文章が多くてつかれたのか,怖くなってしまったのか,半分くらい読んだところで「読んで〜」と私に言ってきました.

    山にたきぎとりに出かけた男の子,お母さんやおしょうさんの用が済んだら早く帰るんだよという約束を忘れ,ウサギと遊んでいるうちに迷って辺りも暗くなってしまいます.
    夢中で山を駆け下りる男の子ですが,会う人会う人すべてがのっぺらぼうです.男の子の感じている恐ろしさと緊迫感が,読んでるこちらまで伝わってきます.
    最後のほっとして泣き出す男の子の顔を見て,こちらもほっとしました.
    約束は守らなきゃ大変なことになるんだなと息子も思ったようでした.

    掲載日:2015/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • のっぺらぼうが・・・

    このお話はいつも読んでいるお化けのお話から見たら、そんなに怖い絵でもなかったし、ストーリーでもなかったような気もしたのですが・・・うちの子は怖がって寝つきが悪かったです。本当にお母さんまでがのっぺらぼうじゃなくて良かった〜って感じでした。

    掲載日:2012/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • のっぺらブラぼー♪

    恐いです・・・。おどろおどろし〜いです。絵のタッチ、色使い、ストーリー展開・・・かなり本格的。これぞ“怪談”。

    でも、この本のブラボーなところは、オチ。こどもにとって、これほど安心できて、嬉しいオチは他にはないです!恐いもの好きだけど、恐がりなうちの娘も、安心して眠ることができたようです♪そして、教訓としても、ばっちり印象に残ったようです☆

    最後まで我慢できるなら、是非、挑戦して下さい!!

    掲載日:2012/05/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • こわいです

    • みくのパパさん
    • 30代
    • パパ
    • 京都府
    • 女の子3歳、男の子1歳

    かわいかったりまぬけだったり怖くないお化けの絵本が多い中、これは本格的に怪談です。ストーリー全体的に暗い色使いで、のっぺらぼうに出会うシチュエーションがリアルで怖い。最後までどきどきしますが、お母さんはのっぺらぼうじゃなくて良かったです。
    娘は赤ん坊を抱いたのっぺらぼうに生えているキノコが気になって仕方ないらしく、まだそれほどお化けに対する恐怖はないようです。

    掲載日:2012/03/01

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「あかちゃんがよろこぶしかけえほん」シリーズ インタビュー!

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット