おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

むしっこサーカス」 みんなの声

むしっこサーカス 作・絵:タツトミ カオ
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2010年05月
ISBN:9784569780566
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,884
みんなの声 総数 5
「むしっこサーカス」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • まるでサーカスにいるみたい

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    まるで本当にむしたちのサーカスにいるかのような
    ことばで書かれているので、
    読んでいる方も楽しいし、
    聞いている子どもも楽しく聞いていました。

    カブトムシや蝶などが特徴を活かして
    サーカスをしているところもよく、
    特に、ありの空中ブランコは
    予想をうまく裏切られ、
    子どもも「すごいね〜」と言っていました。

    掲載日:2016/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • にぎやかサーカス

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、男の子2歳

    5歳の息子と読みました.
    虫たちが自分達の特長を生かした楽しいサーカスで楽しませてくれます.ステージにライトを当てているのが蛍で,音楽を奏でるのはスズムシやコオロギでしょうか,スタッフたちも頑張っています.
    息子は,アリの空中ブランコが気に入ったようです.成功するかと思ったらバラバラと落ちていってしまったのが残念だったけど面白かったようです.しかし,大きなアリの形になっておおーと喜んでいました.
    その場にいれたらいいのになあと思う,にぎやかで楽しい絵本でした.

    掲載日:2015/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい!

    • たはももさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子7歳、男の子4歳、女の子0歳

    7歳、4歳に読みました。

    絵本の中で虫たちがサーカスを繰り広げるのですが、
    虫の特徴をばっちり組み込んで描かれているのには感服。

    上手く決まったら、はい!拍手!で子供達は手をたたきながら聞いていました。

    虫たちが本当にサーカスをしたら楽しいなぁ〜
    絵本は夢を与えてくれるなぁ〜としみじみ思いました。

    虫好きなお子さんに是非お勧めします♪

    掲載日:2012/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素晴しい演技

    表紙の嬉しそうなカブトムシさんたちの玉乗りがとても楽しそうに輝いていたので思わず図書館から借りてきました。どのムシたちもとても演技を楽しそうにやっているから観客も楽しくなるのだと思いました。
    みんな夫々特技にするまでに大変な練習をしてたんだと思いました。
    努力、努力、一にも練習、二にも練習だったんだろうと思いました。
    孫も毎日リハビリに頑張っているからいつか実る日がくると信じています。昨日より今日と目には見えなくても確実に成長している孫をみることが出来ます。やっぱり、楽しくリハビリをさせないといけないなあと思いました。

    掲載日:2011/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんな虫なら私も大丈夫

    • たらりん♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子3歳、女の子0歳

    最近昆虫に興味を持ち始め、この夏カブトムシを飼い始めた息子に買ってみました。

    カブトムシ、クワガタ、タマムシの玉乗りショーに始まって、アリの空中ブランコまで、6つのショーの中に、司会のテントウムシと団長のカマキリを含め16種類の昆虫が登場します。
    虫に興味がないというか、むしろ虫嫌いな私は、ハナムグリとかオオミズアオという昆虫をこの絵本で初めて知りました。

    サーカスを知らない息子には、虫たちが何かしているというぐらいなのかもしれませんが、自分の知っている虫が出てくるとうれしそうでした。

    空中ブランコに失敗して下に落ちてしまったアリたちが、ピシッとひとつにまとまり、最後に大きなアリの形になって決めるところは、スイミーを思い出します。

    掲載日:2010/08/17

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / わたしのワンピース / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / ちょっとだけ / だるまさんが / ころんちゃん / どんぐりむらのぱんやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット