大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

はろるどまほうのくにへ」 みんなの声

はろるどまほうのくにへ 作・絵:クロケット・ジョンソン
訳:岸田 衿子
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\854+税
発行日:1987年03月
ISBN:9784579402465
評価スコア 4.17
評価ランキング 16,696
みんなの声 総数 5
「はろるどまほうのくにへ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 紫のクレヨン

    ハロルドが持つ紫のクレヨンで読んでいても想像力が豊になってるくる

    ような気がしました。これが駄目ならこうしようと試行錯誤しながら前

    進するハロルドの逞しさが頼もしいです。

    誰にでもそんな逞しさが本来あると思いました。

    魔法の紫のクレヨンで一緒に夢をみようと思いました。

    魔法の国へ行って大冒険をした勇敢なハロルドですが、「ね、おかあさ

    ん。寝る前に、お話の本を読んで。」と、甘える姿が一番可愛くて大好

    きです。

    掲載日:2010/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像力ってすばらしい

    • セルバさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、女の子5歳、男の子0歳

     子供の頃に私が大好きだった絵本です。紫色のクレヨン一本で、すごい想像の世界が広がっていくのが本当に素敵で、子供心にはろるどってすごい、と感心していました。
     私が好きなのは、例えば、王様に会おう、といって王様を描くのではなく、王様が住んでいるお城を描くところ。自分のクレヨンで描けば何でも出てくるのに、あえてそこで王様のお城というシチュエーションから入っていくところが、子供らしくって大好きです。

     絵本としては白黒に紫のクレヨンの軌跡だけが描かれている非常にシンプルな絵ですが、そこがまた、この紫のクレヨンの可能性を最大限に生かしていると思います。

    掲載日:2010/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 初めての幼年童話としてもお勧めです

    松岡享子さんの本を読んで「はろるどのふしぎなぼうけん」があると知り、図書課でシリーズもあると知ったので、全部借りてきてみました。

    くれよく一本で広がっていく世界がおもしろいです。

    王様になったつもりで冠をかぶってみると重たいというのが、子どもらしくてクスッとしました。

    絵がシンプルでなおかつかわいらしく、訳文も読みやすく次はどんなことが起きるのかなあとワクワクして読めました。

    初めての幼年童話としてもお勧めです。

    掲載日:2009/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • クレヨン一本でこんなに楽しい

    • バオバブさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子10歳、男の子7歳、女の子5歳、女の子1歳

     友だちや兄、いとこたちと大勢で遊ぶことが多いので、珍しく一人になると
    「ひま」
    と文句ばかりいう6歳の娘に読みました。
    「はろるどみたいに、どんどんお話をつないでみたら…」
    と提案してみました。いつもはとまった場面の絵しか描かないので、いつもと違ったお絵かきがちょっと楽しそうでした。
     ごっこあそびが楽しい5歳くらいからだと子どもの遊びに使えそうです。

    掲載日:2008/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 魔法のクレヨン

    • らずりさん
    • 30代
    • ママ
    • 群馬県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    ある晩、はろるどは魔法の庭へ冒険へ出かけました。
    お供は、月と紫のクレヨン。
    困ったことが起きても、はろるどはクレヨンを使って、自分の力で乗り越えていきます…。

    描いたことが本物になってしまう庭、本当に夢のようですよね。
    描くものによって、自分が縮んだり大きくなったり。
    ネズミも王様も、自分で登場させられるよ。
    階段やお城も、思うがまま!

    もし自分が、この何もない魔法の庭にいたら、どうやって過ごしていくんだろう。
    紫のクレヨンがあったとしても、はろるどのように、自分で考えて乗り越えていけるのかな。

    子どもの想像力、そして逞しさの素晴らしさを教えてくれる本だと思います。

    掲載日:2007/11/07

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット