ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

モリスのまほうのふくろ」 みんなの声

モリスのまほうのふくろ 作:ローズマリー・ウエルズ
訳:大庭 みな子
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\854+税
発行日:1977年
ISBN:9784579400867
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,401
みんなの声 総数 3
「モリスのまほうのふくろ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 見えなくなって

    末っ子のモリスは子供っぽいクリスマスプレゼントに不満。
    その中に残っていた魔法の袋に入ると
    モリスが見えなくなったのでした。
    すごくびっくりなお話です。
    これで上の兄弟もうらやましがって
    プレゼントを貸してもらえるモリスでした。

    でも、けんかせず、魔法の袋のおかげで?
    済んだのです。

    掲載日:2011/04/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • こんな袋があったらちょっと怖いかも

    大庭みなこさんって作家さんというイメージでしたが、訳もされているんですね。

    読んでみてクリスマスのプレゼントのお話なんだあと思いました。よく見れば表紙もそうなんですけどね。

    下の子だが上の子たちにばかにされてしまうモリス。

    モリスが不思議なふくろを見つけます。

    こんな袋があったらちょっと怖い感じもしますけど。

    小さい子が読んだらこんな風にしてみたいと思うってすっきり?するのかなあとも思いました。

    掲載日:2010/06/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • クリスマスプレゼントをあける前に

    • バオバブさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子10歳、男の子8歳、女の子6歳、女の子1歳

     図書館で借りて読みました。今は絶版なんですね。
     クリスマスプレゼントにくまのぬいぐるみをもらってとっても嬉しそうだったモリス。それなのに兄や姉がモリスのくまには見向きもしてくれないので、くまを投げ出して悲しそう。しかし、もうひとつのプレゼント「まほうのふくろ」を見つけ、兄姉たちとプレゼントを交換してつかって楽しいクリスマスを過ごします。最後には嬉しそうにねているモリスとくまのぬいぐるみが…。
     末っ子はどうしても置いてけぼり、仲間はずれにされがち、本人は出来ると思っているのに周りを認めてくれない。兄弟姉妹の良くある出来事です。クリスマスプレゼントをあける前に、兄弟姉妹喧嘩回避に、おすすめかも…

    掲載日:2008/11/27

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット