くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

なにをたべてきたの?ふつうだと思う みんなの声

なにをたべてきたの? 文:岸田 衿子
絵:長野 博一
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1978年05月
ISBN:9784333003204
評価スコア 4.66
評価ランキング 2,244
みんなの声 総数 223
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 名前が難しくて長過ぎ〜!

    • ギフトさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子4歳、女の子1歳

    どこの会社の配本リストを見ても、必ず載っているのに本屋さんでは置いていないので、中身を検証せずに購入しました。
    私も子供も反応は『ふーん・・・??』
    どこがそんなにいい本なんだろう?とよくわかりませんでした。
    豚達の名前がややこしくて、外国の絵本かと思ったら日本の絵本だし。
    せっけんを食べちゃうところがオチなんだろうけど、今の子供はボディーソープ・ハンドソープ世代で固形の石鹸を知りません。
    石鹸を説明できずに困りました。

    掲載日:2007/09/06

    参考になりました
    感謝
    2
  • ぶたくん、カラフルな食べ物を食べて
    ちょこっとすてきになっていく。

    「なんだか前よりすてきになったね」

    「うつくしくなったような」

    なんて言われてHAPPY♪


    でもせっけんは食べたらだめだよ〜
    豚さんはくいしんぼうなんだね。

    掲載日:2013/11/08

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おもしろいほど日常単語が身につく 英語&日本語(バイリンガル)かるた』インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット