うまれてきてくれてありがとう うまれてきてくれてありがとう
作: にしもとよう 絵: 黒井 健  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
プレゼントにも喜ばれています。いのちの大切さを伝える1冊

モーツァルトはおことわり」 みんなの声

モーツァルトはおことわり 作:マイケル・モーパーゴ
絵:マイケル・フォアマン
訳:さくま ゆみこ
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2010年07月
ISBN:9784265820252
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,131
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 音楽とは……

    • はしのさん
    • 40代
    • パパ
    • 神奈川県
    • 男の子15歳、女の子13歳

    『モーツァルトはおことわり』のタイトルから、わがままな少女や頑固な老人が、モーツァルトの音楽をきっかけとした騒動を起こす楽しい話を思い浮かべました。表紙も青を基調とした美しい風景が描かれ、前の見返しも後ろの見返しも街の美しい朝日と夕日が描かれていたので、なおさらでした。しかし、実際は楽しいなどとは言っていられない物語だったのです。

    物語は、新米の記者が上司の代わりに、気難しいバイオリニスト、パオロ・レヴィ氏のインタビューをすることになった場面から始まります。そして、理由がわからないまま、インタビューするときの注意事項として、「モーツアルトの件についての質問をしないこと」「プライベートな話題もダメ」と上司からきつく言い渡されるのです。

    しかし、いざインタビューを始めるというときに、パオロ・レヴィをまえにした記者は混乱してしまい、「モーツアルトの件についての質問だけはいたしません。」と言ってしまったのです。記者は「出て行け!」といわれることを覚悟しましたが、意外にもレヴィ氏から話を始めたのでした。

    ときには心を和ませ、ときには元気な気持ちにさせてくれる音楽が、ナチス・ドイツ時代に、そんな怖ろしくも惨いことのために利用されていたことを知る人は少ないのではないでしょうか。そして、その音楽を演奏しなければならなかった人たちの苦しさを、私には想像することができません。ただただ、今後、音楽がこのような使われ方をしないよう願うばかりです。

    この本には、ナチス・ドイツの惨たらしい行為が描かれてはいますが、
    私たち読者に希望を与えてくれます。読み終えたあとに見る表紙や見返しの絵が美しさは、より一層、その美しさを増したように思えます。
    裏表紙に描かれたユダヤ人の人たちも一緒に、ヴェニスの街の美しさを味わうことができる世の中にしたいですね。

    掲載日:2010/10/14

    参考になりました
    感謝
    4
  • これだけ深い意味があったとは

    『世界で一番の贈り物』のコンビ、マイケル・モーバーゴとマイケル・フォオアマンの作品というだけで、早く手にしたかった本です。
    タイトルも気になっていたのですが、これだけ深い意味があったことに衝撃を感じています。
    世界的バイオリニストのパオロがモーツァルトを引かない訳は、彼の生い立ちにありました。
    自宅で見つけた、父親が隠していた古いバイオリン。
    道端でバイオリンを弾いている老人。
    両親と老人の共通の過去。
    たどり着いたのは、大戦下のユダヤ収容所でした。
    生き残るために弾いたバイオリン。
    モーツァルトの曲の中で収容所に送りこまれていく多くのユダヤ人。
    3人は仲間たちを見送りながら、生きるためにモーツァルトを弾き続けたのです。
    モーツァルトにはとても失礼な話かもしれません。
    でも、パオロは最後まで生きていた父親を亡くして、モーツァルトを弾く決心をします。
    それは多分、暗い過去への決別。
    父母と老人の葬送の思いが込められていると思います。
    読み終えて深い感動と悲しみを感じました。
    これは、読まないとわからないお話。
    この夏巡り会った最高の本としてお薦めします。

    掲載日:2010/09/08

    参考になりました
    感謝
    3
  • お話はもちろん、絵も、訳も素敵でした。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    地域の読み聞かせボランティアの勉強会の時に、一緒に参加していたお母さんからこの作品を紹介してもらいました。
    タイトルだけは気になっていて、チェック済みだったのですが、このお母さんのお話を聞いてすぐに購入しました。

    さくまゆみこさんが邦訳をしています。
    原作もきっと素敵だったと思いますが、日本語訳にあたって、さくまさんが手掛けてくださったことで、たぶん、この本は更に素敵になっているんではないかと、勝手に思っています。

    マイケル・ファアマンのイラストもお話の雰囲気にとても合っていました。ヴェニスの町も、ナチの収容所の風景も、印象的で、心に残しました。

    この作品は、絵本といってしまうと少々長く、小説ほど長くはないし、絵童話というほど、童話っぽくもないです。

    また、主人公のヴァイオリン弾きの思い出話から、ナチの収容所にいたころの両親の話になるので、戦争についての知識も多少ないと、ピンとこないと思います。
    できれば小学校高学年以上、中高生に読んでもらいたい作品です。

    後書きに、作者のこの本への思いがつづられています。
    ちゃんと漢字にルビも付いているので、この本を手にしたら、後書きまでしっかり読んでください。
    長すぎるため、読み聞かせには向きませんが、何かの折にブック・トークで、子どもたちに伝えていきたい作品です。

    掲載日:2011/02/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • ナチスの収容所で

    さくまゆみこさんは新刊があれば必ず手にする訳者さんの一人です。

    この本は、絵がマイケル・フォアマンということもあり読んでみたくなり、作をみると最近読んだことがある『世界で一番の贈りもの』のマイケル・モーバーゴでもありました。

    これだけそろい踏みするとやはり読みたくなり早速借りてきました。

    戦争をどうとえるのかはそれぞれですし、戦争を子どもたちに伝えていくには?と考えると最近とてもわからなくなるのです。

    一つには過去の過ちを二度と繰り返さないことということはあると思います。

    でも、それだけではないはず。軽々しく語ってはいけないのでしょうけれど、それでも読んだその時に思ったことは残しておきたいとそんな風に思いました。

    もし自分がナチスの収容所でこのような立場におかれたら、もし自分が好きな楽器で他の人よりも命を長らえるような過酷な場面に追いやられたらどうするのか?

    場面を追いながらいろいろと考えました。

    『モーツァルトはおことわり』、こう訳したところにさくまさんのセンスを感じました。

    この話はその言葉に集約されるからです。

    同じ時期に、ピーター・シスの自伝絵本『かべ』を読みました。

    好きなことを貫きとおすために亡命をするのも一つの選択であり、過酷な現実を封印するために好きなものから離れるのもまた一つの人生。

    戦争の時だけが乱世ではなく、いつの世も乱世であるという言葉を読んだことがあります。

    生き続けていれば、背負いきれない荷物を背負うことがあり、そこからどう生きていくのか?それを常に問いかけてくるのかが文学なのかもしれないと思いました。

    とりとめのない感想になりしたが、今回は子どもとではなく私一人で読みました。

    息子と読む時期についてはまた考えたいです。

    掲載日:2011/01/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 美しい

    美しい表紙に魅せられたのでこの絵本を選びました。特に空の描き方と色が良いと思いました。音楽が心に悲しいやりきれない思いを抱かせることもあるのだとはっとさせられる絵本でした。目からうろこでした。実際に起こっていたと思うとやりきれない思いがしました。今がいかに平和かを再確認しました。

    掲載日:2010/10/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 世界的に有名なバイオリニスト  パオロ・レウ”ィ秘密のお話です

    なぜ? モーツアルトはおことわりと言うタイトルなのか このお話を読んで解りました
    9歳のパオロは お父さんが床屋さんでした。 いつもその様子を見ていました。
    彼が大きくなり なぜ、有名なバイオリニストになったのか? そしてなぜ?モーツアルトの曲を演奏しなかったのかが解りました
     
    ある、新米の記者に語った話です
    第二次世界大戦で ナチスドイツが600万人ものユダヤ人を殺害した事実があまりにも悲惨で その中で生き延びた 三人のオーケストラのバイオリニストがいたこと   その中に自分の父と母親がいたのです。
    ある時 路上でバイオリンを弾くおじいさんとの出会いが パオロの人生を大きく変えたのです
    おじいさんと お父さんお母さんは 思いもかけず 出会うのです
    パオロが橋渡しになったのです

    三人の悲しい話は ナチスドイツの強制収容所で モーツアルトの音楽を弾かされたのです
    なぜ? このような音楽家たちの演奏を収容所で弾かせたのか
    その事実に 驚きました

    音楽は 平和の中で演奏されるものと思いましたが、戦争の悲しい中でも  奏でられていたのは 強制収容所で命を落としていく人の心を演奏で和らげられたのでしたが・・・・見せかけの安心のための演奏だったとは・・・    
    それを演奏していた おとうさんやお母さん パンジャマンたちの哀しみははかりしれません
    そして お父さんがバイオリンを二度と演奏しなくなったこと
    むすこのパオロに 絶対にモーツアルトは弾かないでほしいといった意味がわかります
    悲しい戦争があったこと   そして、二度とこのような悲しい事が起きないように願いながら しみじみとお話を読ませていただきました

    掲載日:2017/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分だったら

     破天荒なモーツァルトの楽しいお話かと思ったのですが、、、。このテーマで絵本を描かれたことに驚きました。人間の極限を試されているようなお話です。

     暗い収容所で、囚人服を着ながら演奏するモーツァルト、あの軽やかで明るい音楽と、あまりにもかけ離れています。もし、自分だったらどうするだろう、と考えるだけで落ち込んでしまいます。

     文章は長めで、内容は深くて重いものですが、じっくり読みたいです。戦争は、肉体も精神もこわしてしまいます。戦争を知ることで、平和になれると思いました。

    掲載日:2012/05/30

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット