十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

ハッピーハッピーバースデー」 みんなの声

ハッピーハッピーバースデー 作:新沢 としひこ
絵:いとう みき
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2010年07月
ISBN:9784323033686
評価スコア 3.75
評価ランキング 29,465
みんなの声 総数 3
「ハッピーハッピーバースデー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 楽しいな

    お誕生日はうれしいな。お友達もきてくれてケーキもあって楽しいし。でもひろくんは、うさぎのケーキはいやだってわがまま言います。こどもってこういうことありますね。。しかしそれも成長のうちかもしれません。友達と祝う誕生日は素晴らしい!

    掲載日:2013/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 6歳になります!

    今年は6歳の誕生日になる孫です。この絵本のロウソクは6本なので丁度孫にピッタリの絵本だと思いました。お誕生日は、ショートケーキばかりだから今年こそは、ママにお誕生ケーキを作ってもらいたいと思いました。そして、この絵本のようにローソクを6本たてて孫にきちんとローソクの火を消してもらいたいと思いました。

    掲載日:2013/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 6歳の誕生会ですが

    3歳10ヶ月の息子に読んでやりました。もうすぐお誕生日なので読んでやりましたが、この絵本は6歳のお誕生日を祝う設定みたいです。でも、ストーリー的には4歳前後でも十分理解できますよ。

    6歳のお誕生日をお祝いしようとしますが、ケーキにうさぎがのっかっているのでろうそくの火を消すのを拒んだとたん、みんな小さくなってしまいます。ろうそくたちが過去5年間、さまざまな理由で誕生日にろうそくの火を消せなかったことを語りだし、今年こそちゃんと消してほしいと要求します。そして嫌がっているうさぎだってまったく知らないうさぎではなく、小さい頃大好きだったうさぎであることに気が付きます。今年こそちゃんとろうそくの火を消すんだ、と思った瞬間、もとの大きさに戻ることができます。

    ろうそくたちの後悔とでもいうのでしょうか。火を消してもらえないさびしさを淡々と語るところはちょっとおもしろいと思いましたよ。そのために体が小さくなったり、大きくなったり・・・。意外なストーリー展開だなーと。ろうそくが6本たっていますので、6歳前後のお子さんに読んであげるのが一番いいのかな?

    掲載日:2011/07/12

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット