大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

もし、あなをずっとほってくとちきゅうのうらにでられるの?」 みんなの声

もし、あなをずっとほってくとちきゅうのうらにでられるの? 作:きむら ゆういち
絵:やました こうへい
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2010年07月
ISBN:9784774611730
評価スコア 4.88
評価ランキング 31
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 地震の仕組みを仕掛けで体感

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子14歳

    かがくたんていだん、と副題があるとおり、
    三匹ののこぐま兄弟が、素朴な疑問を調べる、という科学絵本。
    表題の疑問は、実際に穴を掘ってみて確かめますが、
    これは熱いマントルがあって、断念するのですね。
    そんなことから、地球の中身について理解できます。
    さらに、マントルの対流とあわせて、地震の仕組みについても展開していきます。
    なんと、仕掛けを通して、地震の起こる仕組み、跳ね返りの揺れがわかるようになっています。
    図書館の本だったので、ちょっとした工作っぽいのは無理ね、と思いきや、
    何も加工することなく、折り目も最初から付いていますから、
    ページを差し込むだけで地震の跳ね返りの原理がよくわかるようになっています。
    それほどはっきりとした仕掛けではないのですが、
    何となく、その感じはつかめると思います。
    巻末には、地球をすいかの大きさに例えて、
    地表の厚さなどをわかりやすく表現してあって、イメージがわきやすいです。
    大人にとっても、知的好奇心を刺激してくれますよ。

    掲載日:2010/11/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • ためになります

    丁度小学生の息子が地震や地球の裏側、宇宙など・・様々なことに興味を持ち始めた頃です。

    地球の裏側ってブラジルでしょ?
    掘っていったら地下でブラジルにいける?なんて話をしたこともあります。

    このタイトルはまさに、子どもも抱いていたようなのでより興味が湧いたようです。

    うまく説明できないし、図鑑を見てもなかなか専門的で理解が難しいことも多いのですが、この絵本は、絵本の中で、素朴な疑問に答えてくれるところが良いです。

    所々で仕掛けがあり、その説明も子どもが読むことを前提にしてあるのでわかりやすいです。

    もともとこういうことに疎い私もほー!と納得する部分がたくさんあります。

    きむらゆういちさんのイラストは赤ちゃん絵本などでおなじみなので、より親近感がわいたのもあると思います。

    掲載日:2016/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 地球について考える絵本

    全ページお試し読みで読みました。
    科学の絵本です。
    絵本になっていますが、後半の、ページを折り曲げて作る地震のしくみの実験もわかりやすく、最後のすいかやビニール袋に例えた説明も理解しやすいです。
    つきのわ3兄弟が地面を掘っているところに、モグラのモーグが現れて、地面の中を掘り進んで、熱くて引き返し、地球について、話し合うという内容になっていました。

    掲載日:2016/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今更ながらビックリです

    地球物理学の先生が監修の絵本ですから、かなり専門的でした。

    地面を掘って、地球の反対側へ行こうと考えたノワ・キィノ・ツッキーでしたが、とっても熱い所へ来て、引き返します。

    すいかを地球に見立てて、地球の内部について詳しく教えてくれます。
    すいかを入れるビニール袋より薄い、私たちが生きられる空気のある部分に、今更ながらビックリです。

    高校時代に地学を選択しましたが、ちょっと思い出せました。
    エベレストが、少しづつ高くなっていること・ハワイ島が少しづつ日本に近づいてきていることなど、話題も満載です。

    中高学年向きではありますが、興味関心のあるお子さんであれば、もう少し幼くても楽しめるかもしれません。

    掲載日:2015/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自由研究

    小学1年生の夏休みの自由研究。
    子供が決めたテーマは「地球はいつどうやって生まれたのか」壮大なテーマに親として「んー」といった感じでしたがとりあえず本を見たり博物館にいって調べてみることに。

    どの本も1年生の子供1人では難しいものばかりでしたので、私が内容をかみ砕いて伝えていました。

    そんな中、この本は私の解説なしでもわかりやすい!おもしろい!自由研究のテーマとは少しズレてますが、せっかく出た興味をできる限り広げてあげたい!と思い購入したので大成功でした!

    掲載日:2015/08/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勉強になります

    7歳長女が借りてみたいと言って、借りてみました。地球の中がどうなっているかをわかりやすく説明してくれている絵本です。親の私も「へぇー」と感心しながら一緒に読みました。地震の起こり方もしかけを使ってわかりやすく理解できるようになっています。ただ、今回借りた絵本なので、しかけが壊れていて、実際自分たちで体験(?)できなかったのが残念でした。これは購入するのが1番の絵本だと思います。

    掲載日:2015/05/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 現実的

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    タイトルのようなことは私もこどものころに思ったことあるかも。
    こどもが疑問に思うことをやってくれました。
    あなをほってちきゅうのうらにいきました、めでたしめでたし…というお話かと思ったら、現実的なお話でした。
    地震が起こる仕組み等、正しい知識がお勉強できますよ。

    掲載日:2014/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 図解もとても分かりやすいです

    実際に掘ることは出来ないけれど、
    もしも地面をずーーっと掘って行ったら、
    地球の中はこんなふうになっているんですね!

    子どもの頃、「ずっと掘っていくとマグマが・・・」
    なんて噂になって、
    砂場で遊んでいる時も、「掘りすぎちゃったらどうしよう・・・」
    と心配した記憶があります。

    子どもだけではなく、大人も楽しめそうな学習絵本。
    説明が丁寧かつ簡潔で、図解もとても分かりやすいです。

    掲載日:2014/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さな子どもにも

    かわいらしいイラストで描かれた地球の様子ですので
    小さな子どもに読んであげても、楽しくわかりやすいと思います。
    特に最後の方に書かれていた「ちきゅうのなかみをスイカに
    たとえてみると・・」は、イメージしやすくてよかったなあ。
    私達、人間にとってはあまりに大きな地球ですので、こんな風に
    実際に目にしたことのあるものにたとえてもらえるのはいいですね。

    掲載日:2013/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • お勉強

    地球の事をかわいく簡単に教えてくれる絵本でした!!途中で仕掛け部分があったのですが、私はなぜかうまく組み立てられないで、子供はちょっと怒っていました・・・。地震のメカニズムが分かる仕掛けだったみたいなのですが、うまく動かせなくて悲しかったです・・。

    掲載日:2012/07/26

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ロボット・カミイ / エルマーのぼうけん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.88)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット