たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

いなばのしろうさぎ」 みんなの声

いなばのしろうさぎ 作・絵:いもと ようこ
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2010年07月
ISBN:9784323037240
評価スコア 4.3
評価ランキング 13,138
みんなの声 総数 9
「いなばのしろうさぎ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 初めて知りました

    昔からよく知られている神話ですが、全体のストーリーは曖昧にしか覚えておらず、この絵本をきっかけに詳しく知ることができました。子どもにもわかりやすく、いもとようこさんのかわいらしい絵も気に入ったようで、とても役に立ちました。

    掲載日:2016/07/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • よみやすかったです

    • こてりゅうさん
    • 40代
    • ママ
    • 栃木県
    • 男の子7歳、男の子6歳

    あまり日本昔話がすきではないわが子。
    でもこの本は絵のかわいさも手伝って 食いついてみていました。
    とても読みやすい文章とかわいい絵で いもとようこさんの昔話のシリーズは うちの子供にはむいているとおもいました。

    掲載日:2015/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • サメの背中を

     海を渡りたくて、サメをだましたシロウサギ。シロウサギが皮をはがされて、海水をあびる場面は、もう見ているだけでこちらも痛くなってきます。
     表紙の、サメの背中を飛び越えていくシロウサギ、こんなにサメが並んでいるのも怖いです。
     いもとさんの絵は、表情がいきいきしているので、話声がきこえてきそうです。
     
     昔のお話ですが、現代でも楽しく読めます。昔話は奥がふかいなと思いました。子どもはもちろん、大人もときどき読み返してみたいです。

    掲載日:2014/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 理解できました

    このお話はうっすら知ってるくらいで

    詳しく知りませんでした。

    でも知りたいという気持ちがあったのでよんだところ、

    なるほど、言い伝えられたお話だなと感じました。

    うさぎの安易な考えや、さめの恐ろしさなど

    すべてを含んで、このお話の意味を知りました。

    昔から伝わる昔話ってバカにしてはいけませんね。

    とっても心に残るお話でした。

    掲載日:2013/08/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • うそやだますことはいけない

    悪賢いうさぎがさめをだまして海を渡ろうとする物語。
    だまされたことがわかったサメは怒ってしまいます。
    うそをつくのは悪い事と子どもに伝えるのは難しく、このようなお話の中でうさぎの気持ちやサメの思いを読みとりながら、善悪を知らせることが出来ました。
    最後には良い神様が出てきて心もあったかくなりました。

    掲載日:2013/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 正直に頼んでいれば・・・?

    • ももうさ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳、女の子1歳

    日本の神話に触れる機会はあまりないよなぁ・・・と思いながら、
    図書館で借りてきて娘に読み聞かせしました。

    我が家で今まで読んだいもとさんの絵本は、亜麻色のうさぎばかりだったので、
    真っ白なうさぎがとても印象的でした。
    それだけに、段々と真っ赤になっていく様の痛々しいこと・・・。

    カバーのそでにあるいもとさんの言葉。
    “騙したりせず正直に頼めば、サメ達は海を渡らせてくれたかもしれません”
    に深く同意します。

    娘がもう少し大きくなったらきっと、
    「どうして最初の神様はいじわるするの?」という疑問を持つと思います。
    それを「日本には八百万の神様がいて、役割も性格も色々なんだよ」
    と伝えるきっかけに出来るかな、とこっそり期待しています。

    もっと大きくなったら、
    大国主命の嫁取りや、兄達の仕打ちは大国主命にも及ぶ・・・
    というくだりのある絵本にも触れてみて欲しいです^^

    掲載日:2011/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 痛々しい・・!

    向こうの大きな島へ行ってみたいウサギは、
    サメを騙して海を渡ろうと試みます。
    海を渡れるものの、怒ったサメに皮を剥ぎ取られるウサギ。
    さらに通りがかったいじわるな神様に、
    傷口を塩水で洗うように教えられます・・。
    このあたりは、
    いもとようこさんの絵がいくら優しい柔らかなタッチだからといっても、
    痛々しすぎます・・。
    はじめから、サメに本当の気持ちを相談したら、
    向こうの島まで渡らせてくれたかもしれなかったのに・・。
    相手を騙すようなことはいけないし、
    いけないことは自分に返ってきてしまうんですよね。

    掲載日:2011/05/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 原作どおり

    ちょっと難しいけど、原作どおりで、絵もほのぼのしていていもとさんらしくて、子供におすすめです!跳んで渡るうさぎがすごく可愛い。ちゃんと「ウソはだめだよ」というオチもついていて良いですね。おおくにぬしが嫁とりするところまで入れるときっと、長くなりすぎるし子供にはちょうど良いんだと思います。

    掲載日:2011/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱり騙すのはよくないね

    なんとなく聞いたことがある題名ということと、大好きないもとようこさんの絵ということで図書館で借りてみました。

    可愛いウサギが島へ渡りたいがために、サメをだまして渡ろうとします。

    が、ここまでは真っ白な可愛いウサギなのですが、それを知ったサメが怒って、うさぎの皮を全部はがしてしまうのです。

    ウサギは肌の色が真っ赤になり、いもとようこさんの色遣いがなおさら痛々しくうつり…。
     
    自業自得なのですがとてもかわいそうでした。

    のちに現れた神様、これまたウサギはより一層ひどい仕打ちにあい、最後に現れた神様にやっと助けてもらうのですが…。

    何故、最初の神様はもっと苦しめたのでしょうか? 
    皮をはがされてとても苦しんでいるのに…。もう、その時点で反省しているのでは…。
    とても、疑問に思いました。

    やっぱり、大なり小なり騙すことはよくないですね。
    子供もちょっと恐かったようです。

    掲載日:2011/03/11

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / どんどこ ももんちゃん / いないいないばあ / バムとケロのそらのたび / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2つの写真のまちがいをさがそう

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット