にんぎょうの おいしゃさん にんぎょうの おいしゃさん
作: マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵: J.P.ミラー 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
こみやゆう選書・翻訳「おひざにおいで」シリーズ第2弾!

アニーのかさ」 みんなの声

アニーのかさ 訳:武富 博子
著者:リサ・グラフ
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2010年07月
ISBN:9784062163798
評価スコア 4
評価ランキング 23,610
みんなの声 総数 1
「アニーのかさ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 人は悲しみを乗り超える力

    五か月前に兄が亡くなり、それから自分の健康のことばかり気遣うようになった10歳のアニー。

    アニーは感受性が鋭く、

    「悲しそうな、心配そうな、ちょっぴりかわいそうっていうのがまじっているような目つき」で自分を見る人を見分けるのです。

    幽霊屋敷と呼ばれる家に引っ越してきたフィンチさんとアニーは話すようになってからのアニーの心の変化が見事に描かれています。

    自分の家族が突然亡くなったら、普通通りに生活できるようになるまでには時間がかかります。それを日にち薬と私の亡くなった母は言っていました。

    元気で健康状態のような時には、心は人にも大きく開かれていますが、逆に精神が弱っている時には、心は閉じざるを得ないのです。

    それが自分の心を守る方法だからです。

    でも、人は悲しみを乗り超える力も持っています。

    それは一人では働かないものなのかもしれません。人は支え合って生きています。

    辛い時、悲しい時、そばに心に寄り添ってくれる人と話をすることができたら、悲しみを乗り越える力が発揮できるのだろうと思いました。

    母が突然亡くなった時に、多くの人が声をかけてくれてまた話をしていれたことが私が悲しみを乗り越える力になったことを思い出しました。

    掲載日:2011/03/22

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



あの名作の世界が手のひらサイズの小さなしかけ絵本に!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット