雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

ふしぎふしぎ」 みんなの声

ふしぎふしぎ 作:片山 令子
絵:長 新太
出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1997年
ISBN:9784337022034
評価スコア 3.8
評価ランキング 29,117
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 幸せを分ける

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子11歳、男の子8歳

    春らしい感じがしていいかなと借りてきましたが
    今一つ地味だったので、まだクラスの読み聞かせには使ってませんが、
    おひさまの光をみんなで分けるという発想が
    ほのぼのとしていていいなーと思いました。

    他の方も書いていますが、ミチコときつねさんとのやりとりの、
    「半分このほうがいっぱい」という発想。素敵ですよね。
    子供たちにも、幸せをみんなで分けられる子になってほしいです。

    絵は長さんですが、ナンセンス絵本ではないと思います。

    掲載日:2013/02/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議なお話

    ちょっと不思議なお話でした。
    久しぶりに晴れた気持ちのいい朝、ミチコが空に向かって「おいしいひかり」って言ったら、ビンのなかにおいしいひかりを入れてもらいました。
    そのビンを持って歩いていくとキツネさんに出会います。
    「それをよこせ」というキツネにビンの中身を分けてあげます。
    そのやり取りがちょっと面白い。
    「はんぶんこしない?それともぜんぶ?」とミチコが聞くと、
    「はんぶんことぜんぶと どっちがおおい?」とキツネが聞き返します。
    その答えがこれ。

    「はんぶんこにきまっているじゃない。ぜんぶはひとりだけおいしいけど、はんぶんこは ふたりともおいしいもの」
    なるほどって思いました。

    5歳の長男はなんとなく気に入ったのか、繰り返し読んでいました。
    私としてはちょっと微妙って思ったけど、子どもの心には響くものがあったのかな?

    掲載日:2011/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • おひさまのひかりがおいしいなんて!

    主人公のミチコは
    ふしぎな手においしいひかりを入れてもらいます。

    ひかりをおいしいと感じるなんて、
    きもちいいとは感じでも、おいしいと感じることは
    大人にはなかなかない発想だと思います。

    このお話では、「はんぶん」ということも
    学べると思います。
    はんぶんするのと全部あげるの、どっちがいいか
    とても素敵に説明してくれていると思います。

    みんなでからだじゅうにおいしいひかりを浴びるシーンも
    とても素敵!
    楽しくなる一冊ですよ!

    掲載日:2010/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 長さん

    長さんの作品だったのでこの絵本を選びました。黄色が効果的に使われているのがよいと思いました。主人公が手に入れた光がとても魅力的でした。キラキラと輝いている描写が特によいと思いました。全部と半分の量の概念が素晴らしいと思いました。私も主人公のように考えたいと思いました。皆が幸せになっていくので心が温かくなりました。

    掲載日:2010/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • はんぶんこ

    • うーずさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子7歳、女の子4歳

    長新太さんぽくない話???と思いました。(文は他の方ですが。)

    モノは半分になっても、おいしさは増えるって発想がいいですね。長新太さんワールドを期待してしまっていたので、おひさまをたっぷり浴びて幸せな気分に・・・なりきれない、不完全燃焼さが残りました。

    個性的な絵の方の印象(こうなるだろう、と期待してしまう)は強く残っているのだなぁとこの作品を読んで思いました。

    掲載日:2009/07/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • お日様の光は人を元気にする

    • ピタゴラさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳、女の子0歳

    ウチの子は、日常よくある題材もので感情が入りやすい本が好きなので、この本は”光”をテーマにしたものだったのでわかりずらいかと思いましたが意外と食いつき、何度も読んでました。私個人も好きな本です。
    ちょっぴりいじわるなきつねさんも、さみしくて食べ過ぎちゃううさぎさんも”おいしいひかり”を飲むと元気になっちゃう♪
    本を読んだ翌日の朝、ベランダで子供と深呼吸をしてから幼稚園へと向かいました。

    掲載日:2007/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 同感!

    • クマノミさん
    • 30代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子6歳、男の子4歳

    晴れた日はなぜだかとても気分が良いですよね。でも、それを感じる心や余裕がないと、目の前に素敵なものがあっても見えないんじゃないかな。
    ひねくれもののくまさんが、最後にみんなと一緒におひさまのひかりを浴びている場面に子供は「あ〜っ!くまさんもこんなところにいるね」とうれしそう。きみたちは素直に育ってね。

    掲載日:2006/11/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • おいしそうなひかり

    • ぽぽろんさん
    • 20代
    • ママ
    • 長野県
    • 女の子4歳、男の子2歳

    ミチコの持っていたビンに光の手が伸びてきて、おいしい光を入れてくれました。キツネにもウサギにもあげて、クマには全部取られてしまったけど、丘のてっぺんまで行っていっぱいお日様のおいしい光を浴びました。

    お日様の光のおいしさが伝わってきます。子供たちは、ビンに入ってるものがなんなのか色々言ってましたが、お日様の光だという事は、よくわかってません。
    キツネに「半分こと全部とどっちがいい?」と聞いて、「全部は一人だけおいしいけど、半分こは二人ともおいしい」と答えたのは、なるほどなあと思いました。
    クマが奪い取ったけど、真っ暗な家の中に持っていったら消えていたっていうところ、最後まで読んで意味がわかりました。

    掲載日:2004/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 発想はいいけれど、もう1つかな?

    イラストは長新太さんです。
    ミチコは久しぶりにはれた朝、あんまり気持ち良くて「ああ、おいしいひかり」と、いいました。そしたら、お日さまの金色い手が伸びてきて、ミチコに美味しい光(のビン)を分けてくれました。
    発想は面白いけど、お話はもうひとつまらなかったです。子供達も面白くないと1回しか読みませんでした。

    掲載日:2003/05/26

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(3.8)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット