ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

少年の日々」 みんなの声

少年の日々 作:丘 修三
絵:かみや しん
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1992年06月
ISBN:9784036354900
評価スコア 4
評価ランキング 22,265
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 懐かしき昔の少年たち

    今まで読んできた丘修三さんの本が、弱者に向ける思いやりにポイントを置いた作品に集中していたので、のびのび感がとても新鮮に感じられた本です。
    昭和も高度成長時代を迎える前の熊本県の田舎町が舞台。
    自由奔放に生活する少年たちを描いていて、感じたのは丘さん自身が熊本で過ごした少年時代をベースにしているのだなということです。
    とても自然体で描かれた4編の短編の中に、少年の残酷さとたくましさと興味があふれています。

    女郎蜘蛛に闘わせるときの少年の残酷さ。
    足の不自由なヤスシは弱者を自分に重ねてか、傷ついた女郎蜘蛛を可哀そうに思うのですが、他の少年たちには闘いの道具であり、敗者は無残にも踏みつぶされてしまいそうになります。
    ヤスシのお姉さんまでが残酷さを持ち合わせているところに怖さを感じたのですが、この本はいじめについて書いているわけではありません。

    水遊びをする川淵にあるヘビやなぎ。
    木に登ってどの枝から水面に飛びこめるかを競う少年たちは、飛び込めないユキ彦を馬鹿にして置き去りにして帰ってしまいます。
    屈辱感をもったユキは一人で練習をしていて、溺れて死んでしまう。
    少年たちの残酷がそこにあるのですが、いじめという感覚ではありません。

    用水路で見かけた紅鯉を信じてもらえない僕。
    信じてもらえないことの不安感と、本当だとわかった時の解放感。
    子どもの心の振幅が描かれています。

    家族から離れ、川辺で魚を取って生活しているおじいさんと、メジロ捕り魅せられている少年たちとの関わり。そしておじいさんの死。少年は夢から覚めたように捕えたメジロを解放します。

    死と生を取り交ぜ、掌編ながら丘さんの語りが響いて来る4編でした。

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット