しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

コンビニたそがれ堂 街かどの魔法の時間」 みんなの声

コンビニたそがれ堂 街かどの魔法の時間 作:村山早紀
絵:名倉靖博
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\980+税
発行日:2006年09月
ISBN:9784591092149
評価スコア 4
評価ランキング 20,278
みんなの声 総数 2
「コンビニたそがれ堂 街かどの魔法の時間」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 親子で楽しみなシリーズです

    娘が小5の時に好きだった本です。
    娘が先に読み「猫のあんずの話が良かった」と強力プッシュされたため私も続いて読みました。
    本気でたいせつなものを探している人にしか辿りつけないコンビニたそがれ堂というレア感がそそられるんでしょうかね。
    そして求める物が必ずそこにはある。
    あんずの話も良いけど私はラジオDJのさくら子さんの話が結構好きかな。
    お互いの好みのお話を語り合える、私達親子にはとってもありがたいお話です。色々シリーズがあるのでこれから楽しみです。

    掲載日:2016/07/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議なコンビニ

    図書館の夏休み高学年向けのお勧め本の一冊です。

    前から読みたいと思っていた本だったので、息子に読み聞かせしてしまいましたが、内容的にはちょっと早かったなあと思いました。

    まあ、不思議なコンビニのお話ということで聞いていましたが。

    私は単行本の方で読んだのですが、今は文庫本でも出ているようで、この続編はすべて文庫本のようです。

    絵が単行本と文庫では違うようですね。単行本は名倉靖博さん。

    コンビニのお兄さんが中性的な感じがあり今風のイケメン店員さんっぽいです。

    私が読んだのは「街かどの魔法の時間」という第一弾で短編が五編です。

    「手をつないで」の母親が子ども時代に愛されなかったということで、えりかの大切な人形を捨ててしまうのが切なかったです。

    こんな風に思ってはいけないのかもしれないのかもしれないけれど、母親なら子どもに我慢させないてほしいなあって思ってしまいました。

    えりかがとても優しい子で、もっと母を理解してあげなきゃというけなげさがあるので余計にもっとお母さんがんばってと思ってしまうのです。

    余命わずかな猫が人間になりたいと願う「あんず」がとても切なかったです。「桜の声」は主人公の年齢が他の話に比べて高かったせいもあり、大人っぽい印象がありました。

    高学年から大人までいけそうな話で、夫が熱心に読んでいました。

    続編も読んでみたいです。

    掲載日:2010/08/05

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット