だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ぼくはビースト」 みんなの声

ぼくはビースト 出版社:さ・え・ら書房
本体価格:\1,300+税
発行日:2006年11月
ISBN:9784378017617
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,524
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 落第生の悲哀

    夏休みの図書館のお薦めの棚にありました。

    九月、新学期が始まりましたが、リチャードは憂鬱です。

    二年生をもう一度することになったからです。

    小学校で落第ということはないので、二年生をもう一度するということがピンとこない様子の息子でした。

    ただ、リチャードの悲哀は何となく伝わってきます。

    どういう立場に身を置いていいのかわからないようなリチャード。

    二年生ではあるけれど、二度目。同級生たちはもう同級生ではないというのは、孤独ですよね。

    作者が学校の先生の経験があるということで最近読んだ「ひらめきルーカス」など学校の先生経験がある人が作者というのは案外多いものだなあと思いました。

    それだけに学校の様子、生徒の様子がわかるということはありますよね。

    人気シリーズのようでシリーズは10冊以上あるようです。少しずつ読み進めていけたらいいなあと思います。

    掲載日:2010/08/07

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット