もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

すずの兵隊」 みんなの声

すずの兵隊 原作:ハンス・クリスチャン・アンデルセン
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,359+税
発行日:1978年09月
ISBN:9784593500789
評価スコア 4
評価ランキング 22,584
みんなの声 総数 1
「すずの兵隊」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • すずの兵隊の恋心

    久しぶりにアンゼルセンのお話を読みました

    すずの兵隊は、一本のすずのスプーンから生まれました 25人の中の最後の兵隊は 足が一本 最後に作られたから すずがたりなかったのです

    その兵隊は、足が一本のバレリーナの女の子に恋するのです(自分と同じ足が一本・・・ぼくのおよめさんだぞ)

    なんと トロールに4階から落とされてそこから いろんな怖い体験をするのです
    ドラマチックでおもしろいのでお話の世界に引き込まれました
    絵はモニカ・レイグルーバーさんで彼女の第一作目の絵だそうですとてもきれいで おもしろい図案が背景にあったり アートの世界を楽しめます。

    お話は読んでのお楽しみですが、最後はハッピーエンドではなく、ストーブの中で焼かれてしまうのですが 兵隊さんはハートの形のかたまりに、バレリーナの女の子は、金のむねかざりがのこり それも真っ黒に焦げていたのでした。
    こんな締めくくりですが、すずの兵隊さんの恋心と体験が心に残りました。

    アンゼルセンのお話を久しぶりに読んでやはり すごいな〜!かんどうしますね!!

    掲載日:2010/08/07

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



大きなクスノキには生き物たちがいっぱい!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット